初心者によるSSD換装⑦【HP ProBook 4540s】(Windows10)

PC・機器・ソフト

今回SSDに換装する機種は『HP ProBook 4540s』。

『2012年製/Celeron 1000M/RAM4GB/Windows10(32bit版)』の「最廉価モデル」です。

Windows7からWindows10へ、先日、無償アップグレードをおこなったばかりのパソコンです。
実家に眠っていたほぼ未使用品なので、古いモデルですが状態は良好。

すでに7回目を数えるSSD化にもかかわらず、記事タイトルの「初心者」という表現は、あくまで私のパソコンにおける知識の部分ですので、その点あしからずです。
(*PC業者ではないという意味です。)

パソコンへの接続

今回、使用したSSDは『シリコンパワーA55/512GB』です。

パソコンへの接続に、前回まではSSDケースを使用しましたが、
ケースに収めるのが煩わしいので、新たにSATAをUSBに変換するアダプターを購入しました。

電源アダプターの付属した(3.5インチドライブにも対応した)ものです。

パソコンが古い最廉価モデルでしたが、システムデータの転送にかかった時間は30分弱でした。
こちらはデスクトップPC用の3.5インチHDDにも対応してますし、エラーも発生しなかったのでおススメできます!
(今回が初めての使用なので耐久性については未検証。)

変換アダプターを使ってパソコンに接続します。
(SSDの場合、電源アダプターでの電源の供給は不要。)

SSDのストレージ化とクローンの作成

USB接続しただけでは、パソコンが外付けしたSSDをストレージとして認識してくれません。

SSDを初期化してパーティションを作成し、システムデータをSSDに移す(クローン)作業までの流れについては、どうぞ以下の記事を。

HDDからSSDへの付け替え

データの移行が完了したら、パソコンに内蔵されているHDDをSSDに交換します。

バッテリーとカバーの取り外し

まず、バッテリー部分のすぐ下にある2つのバーを、内側にスライドさせながらバッテリーを取り外します。

次に、先ほどと同じ2つのバーをまた内側にスライドさせながら、カバーを下にスライドさせて取り外します。

ネジ止めを1か所も外すことなく、カバーを取り外すことができました。

RAM(メモリ)の増設について

今回のSSD化とは関係ありませんが、RAMに空きスロットがあるので、もう一枚挿すことが可能です。

余ってる4GBメモリが手持ちにたくさんあるのですが、残念ながらこちらは32bit版なので増設は不可です。(*32bit版のままでは、RAMは3GBまでしか認識できないため。)

現状、RAM4GBでも問題なく動作しているのと、ソフトの互換性を憂慮し、今回は64bit版への移行はおこないません。

HDDの取り外し/SSDの取り付け

4か所のネジを外して、HDDをマウンターごと取り外します。

次に、横の4か所のネジを外して、HDDからマウンターを取り外します。

HDDをSSDに交換し、ネジで止めます。

パソコン本体に収めてから元どおりネジ止めし、カバーとバッテリーを取り付けます。

パソコン(Windows)を起動させ、動作を確認したら終了です。

カバーとバッテリーを取り外す際に、ネジ止めが1本もなかったおかげで、作業がとっても楽でした。
他のパソコンもぜひこの構造にしてほしいですねー。
タイトルとURLをコピーしました