これひとつで全部ヤレるんじゃね?!Sony ECM-LV1(ラべリアマイク)

PC・機器・ソフト
スポンサーリンク

ずっと気になっていたラべリアマイク(ピンマイク)、Sonyの『ECM-LV1』が届きました。

デジタル一眼レフカメラなどに繋ぎ、ステレオで音声を収録できる、マイクとしては比較的安価な部類の製品です。

私の場合はパソコンに接続して音声を収録するのが、今回の購入の目的です。

購入したワケ

こちらは現在のウチの主力3選手です。

どれも、音質には・・・・満足しているのですが…。

SHURE PGA58
SHURE WH20XLR
Logicool G433
不満①(PGA58の場合)

SHUREのダイナミックマイク。パソコン画面を使っての録画の際に、マイク本体がどうしても視界を遮ってしまう。ほか、環境音対策が難しい…などなど。

不満②(WH20XLRの場合)

SHUREのヘッドウォーンマイク。頭に装着するタイプなので、長時間の収録ではこめかみの締め付けに耐えられない。

不満③(G433の場合)

Logicoolのヘッドセット汗や蒸れのため夏に使用できない。(あくまで個人的な環境や体質として。)

…以上、諸々もろもろの理由で、今回SonyのECM-LV1の購入に至った次第。

スポンサーリンク

仕様・外観

最大外形寸法最大径11㎜ × 長さ32㎜
(※マイク部)
質量約12g
(※本体・コード含む)
チャンネル音声出力2ch
電源供給方法プラグインパワー
形式エレクトレットコンデンサー型
モノラル/ステレオ2ch
指向性無指向性
周波数特性50Hz – 15,000Hz

まず付属品から。

本体とウインドスクリーン・取扱説明書です。

集音部は本体の左右に計2か所あります。

機器との接続部は3極のステレオミニプラグです。

本体とクリップとの接点は回転させることが可能。

服のどの部分に留めても、口に対して本体が横向きになるように、角度を変えられます。

ウインドスクリーンを装着するとこんな感じ。

スポンサーリンク

音質について

音声をテスト収録してみました。

加工はMP4への変換音量調整のみ。(※ノイズ除去はしてません。)

パソコンとの接続に使ったオーディオインターフェースはAG03です。

※音量に注意(90dB)

実際の音声

襟元に装着したときの音声(↓)

手に持って口に近づけたときの音声(↓)

使用した感想

まず、収録した音声は、ステレオで入力されたものがモノラルに変換されているかもしれません。
(ミニピン接続の場合、AG03はステレオの録音に非対応だったかも・・・。)

私自身あまりこういう機器に詳しくないので、そのあたりはご容赦いただきたいところ。

ただ、たとえモノラルに変換されたとしても、ステレオで拾った音がどのくらいのものなのか?

単純にそれを試してみたかった、ってわけです。

結果は期待以上でした。

左右から集音してるだけあって、襟元に装着したときは、広範囲の音をクリアに拾っているのが分かります。

ホワイトノイズはまぁ許容範囲。(少ない、ってこと。)

スポンサーリンク

驚いたのはむしろ、手に持って収録したときの音声でした。

何なんだ?このレンジ感?!いやいや..コンデンサーマイクと比べても遜色ないぞ…。

こうやって使うのがホントは正解じゃない?…なんて思ってしまいました。

マイクを口に近づけるメリットは?

マイクは単純に、口に近づけるほど音が良くなるのも理由のひとつですが。
近づけた分だけゲインを下げることができるので、それで環境音を入りにくくすることも可能 ってことです。

そういったわけで、『ECM-LV1』は予想をはるかに上回る性能でした、っていうオチ。

前回の「Snowball iCE」もだったけど、最近よくアタリ引くなぁ。

…買いです、コレ。

タイトルとURLをコピーしました