HDDからSSDへの換装・クローン|MiniTool ShadowMaker

PC・機器・ソフト

HDDからSSDへ換装をする上で、システムデータを丸ごとコピーする『クローン』という作業の手順です。

これまでは『EaseUS Todo Backup』というソフトでクローンをおこなってきましたが、残念ながら無償版ではクローンができなくなってしまいました

いろいろとネット上を探して、『MiniTool ShadowMaker』という無料ソフトでクローンが可能であることを知ったので、このソフトを使ってみることにします。

USBで接続したSSDをパソコンに認識させる

「SATA⇔USB変換アダプター」または「HDD/SSDケース」を使って、SSDをパソコンにUSB接続します。

  SSDのストレージ化(パソコンに認識させる)作業をすでに終えている場合は、こちらをクリックして『インストール』までジャンプしてください。

(写真は「HDD/SSDケース」を使って接続したもの。)

デスクトップ上の「マイコンピュータ」のアイコンを右クリックし、「管理」を開きます。

まず、MBR(マスターブートレコード)を選択し、ディスクの初期化をおこないます。

USB接続したSSDが「未割り当て」となっているので、未割り当ての部分を右クリックし、新規でパーティションを作成します

画面上の指示どおりに、「次へ」を押して先に進めていきます。

最後に「完了」を押して、パーティションが作成されたことを確認しておきます。

これでHDDのシステムデータをSSDへ移すための準備は完了です。

MiniTool ShadowMakerのインストール

ここからは『MiniTool ShadowMaker』というソフトを使った、HDD内のシステムデータをコピーする(クローン)の作業です。

「データを移動する途中でフリーズしてしまった」というレビューも散見していましたが、結果として大きなトラブルは発生しませんでした

まず、公式サイトからソフトをダウンロードします。

公式のページを訪問したら、『今すぐお試し』をクリックし、ダウンロードをおこないます。

ダウンロードされたファイルをダブルクリック。

今すぐインストール』で、インストールが開始されます。

通常ならここでインストールが完了します。

  問題なくインストールが完了した場合は、こちらをクリックして『クローン』までジャンプしてください。

エラーが発生してしまった場合

私の場合は、ここでエラーが発生してしまいました。

この作業をおこなう少し前に、パソコンのユーザー名を変更したのが原因でしょう。変更前のフォルダの直下にダウンロードフォルダがあります。

おそらくソフトとは無関係のトラブルですが、気を取り直して『オフラインダウンロード』をクリックしてみます。

ファイルのダウンロードが終わったので、ダブルクリックしてインストーラーを起動。

無事にインストールが完了しました。

システムデータのコピー(クローン)

ここからの画像は、別のSSD(シリコンパワーA55/512GB)を使用したときのものです。
この記事の冒頭のSSDとはディスク名が異なっていますが、その点はあしからずです。

下の画像は『MiniTool ShadowMaker』を起動させた初期画面です。

ツール』を選択します。

次に『ディスククローン』をクリックします。

ソース(コピー元)』と『ターゲット(コピー先)』を設定します。

まずは『ソース(コピー元)』から。

ソースに、パソコン本体のHDDを選択します。

次に『ターゲット(コピー先)』を設定します。

ターゲットに、USBで接続したSSDを選択します。

設定にまちがいがないか確認したら準備完了です。

クローンを開始します。

クローンが始まりました。

下のダイアログが表示されたら、クローンは完了です。

パソコン本体のHDDをSSDに換装してパソコンを起動。

移行したシステムデータは問題なく動作しました。

クローンにかかった時間は30分弱でした。
タイトルとURLをコピーしました