ノートパソコン・キーボード交換【dynabook Satellite B453】

PC・周辺機器

キーボードを交換したノートパソコンは、
東芝の『dynabook Satellite B453』です。

交換の作業時間:10分程度
(※写真の撮影にかかった時間は除く)

パソコンの状態と部品の注文

キーボードが壊れてずっと放置していたノートパソコンを修理してみました。

いくつかのキーが反応しなくなっており、酷使したせいか表面はツルツルです。

交換用のキーボードは楽天市場にて、2,200円(送料別)で購入。

対応のモデルや「ネジ穴がない」などの記載もちゃんとしてあり,しっかりしたお店であることが伺えます。

商品は必要最小限の梱包で届きました。
(※搬送中に破損しないよう、新聞紙で包んでありました。)

取り外し

本体裏のネジを1か所だけ外します。
(※キーボード固定用のネジはこの1本だけ。)

必要かどうかは分かりませんが、とりあえずバッテリーは外しておきます。

キーボード上のモールを、先の細いものを差し込んで外していきます。

無事に取り外すことができました。

キーボードが固定してある、キーボード上のフックを一つ一つ押し上げて外していきます。

パソコン本体と繋がっているコネクタ部分を、断線しないように慎重に引き抜きます。

取り外したキーボード(上)
と、
交換用のキーボード(下)。

取り付け

ネジ穴がない商品なので、両面テープを貼り付けておきます。
(※テープの貼り付けはテキトーです。)

 

本体・部品それぞれ、接合面がツルツルしているので、強粘着のものはあえて使用せず、一般的な両面テープにしました。

新しい部品を本体に繋ぎます。

先ほどと逆の要領で、フックを一つ一つはめていきます。

モールを取り付けて、交換は完了です。

キーの質感や打感は、パソコン購入時とほとんど(まったく)同じ状態に戻りました。

動作確認をすると、すべてのキーがしっかり反応しました。

まとめ・余談

作業のついでに、メインメモリーを4GBから8GBに増設しました。

手持ちのものがたまたま同じ型番のメモリーだったので、増設後はデュアルチャンネルでしっかり動作しています。

廉価グレードのCPU(celeron)なので、効果はあまり期待していませんでしたが、動作はかなり早くなりました。

タイトルとURLをコピーしました