今さらP30-lite買う|HUAWEI@オワコン

ガジェット・小物
スポンサーリンク

P30-liteを購入しました、2022年です

数年前にアメリカからの制裁によって、スマホ事業で大きく後退したのはまだ記憶に新しい、中国のICT企業「HUAWEI(ファーウェイ)」

「P30-lite」はそのHUAWEIのスマホ端末、4年ほど前に大ヒットしたモデルですが、すでに生産終了品です。

なぜ今や化石ともいえるそんな端末を購入したのかといいますと・・・。

なぜ今さら「HUAWEI」なの?

「HUAWEI」のスマホが、同価格帯の他社端末より優れているところ。

ズバリ!カメラ性能

発売からかなり経ってますが、カメラ、特に動画撮影時の画質・音声・手ぶれ補正の性能はかなり優秀です。

もちろんお金さえ出せば「iphone」のほうが断然優れていますよ、お金を出せれば…。

世の日本人はみんなお金もってるんですね、そんなものポンって買えるなんて。

おっと、ひがみ丸出しでした。

その点、P30-liteは2万円とちょっと。

購入前に他社のスマホもいろいろとリサーチしましたけど、コスパでこの端末に勝るものがなかったってわけです。

届いてみた日に、画質と手振れを検証してみましたけど期待以上でした。

スポンサーリンク

なぜ「P40-lite」じゃダメだったの?

「P30-lite」と「P40-lite」の価格差はほとんどありません。

…にもかかわらず古いほうを選ぶのには理由があるってことです。

「すぐに分かったよ」って人、多いんじゃないでしょうか?

そう、「P40シリーズ」以降は、GMS(Googleモバイルサービス)が使えないんですよね。

つまり、Googleアプリで一部使えないものがある(らしい)。

P40に搭載された自社OSはAndroidと互換性あるようですから、Google Playを経由せずに、APKファイルを直接ダウンロードすればおそらく使えるのでしょうけど。

(昔は、アプリのアップデートで古いOSが非対応になってしまったときよくやってましたね。)

でもやっぱり、Googleアプリはできれば正規ルートで入手したいので、結果P30-liteをチョイスするに至ったというわけです。

結果、満足♪

端末の動作も、ゲームなどをやらない前提ならまったく問題なく。

本体色の「ピーコックブルー」は、手元に届いてみると・・・

Ω\ζ°)チーン

ちょっと好みの色じゃなかったですね。

でもそこは、かっこいいケースを取り付けてバッチリ。

(手垢でケースがすでに汚れてしまってるので写真は撮りませんでした。)

4年前の機種なのに、充電端子はUSB-C

こういうのファーウェイは対応早いですよね。

充電器は5V-2A

十分です。

DSDS(デュアルシム・デュアルスタンバイ)対応なので、通話用とデータ用のSIMを2枚挿しで使用。

SDカードとの排他仕様になってるのがちょっと残念ですが、ROMが64GBもあるからまぁいいかな。

これから2~3年は使い倒すとしましょう、もちろんメインで!

タイトルとURLをコピーしました