Ploom X(プルームX)と紙巻たばこを吸い比べしてみた

ガジェット・小物
スポンサーリンク
この記事は「プルームX」を使用した上での感想であって、商品の詳細を説明するものではありません。

これまで紙巻タバコを愛煙してましたが、「プルームX」がその代替品として如何なものか?

それを試してみた、という話です。

私のタバコ歴は約30年

遡ると、ラッキーストライク>フィリップモリス >マイルドセブン>マルボロ・・・
そして現在はアメスピを5年ほど。

「加熱式」への移行は、初代プルームとプルームプラスで、すでに2度失敗してます。

ちなみに私はIQOSへの移行は考えてません。
「本体が高い」「匂いがダメ」「流行りに乗っかりたくない」・・etc
まぁ、諸々の理由です。

「加熱式」に移行したい理由はというと、、まぁ月並みですが、

「どうしても部屋でタバコが吸いたい!」、ただそれだけ。

前置きが長くなりましたが、そんなこんなで今回3度目のチャレンジ。

コンビニで「プルームX」のキットを購入してきました。

コンビニで4,000円でしたが、ネットで購入したほうが実は安いんですよね。

あとになって知りました。

そしてレギュラータイプの「メビウス」「キャメル」の2銘柄を購入。

…メンソールは基本吸わないので。

セット内容は、本体ケーブル、あとはクリーニング用のスティック

なかなかの質感の本体に、USB-Cの充電端子。

「はじめに満充電してください」みたいなことが取説に書いてあったので、とりあえず充電します。

2A出力のアダプター使用で、「充電中」のランプが消えるまで3時間ほどでした。

(ちょっと時間かかりすぎかな。)

スポンサーリンク

いよいよ使ってみることにします。

あとの写真は、使用後のたばこスティック。

ちがいを実感したかったので、それからすぐにプルームテックプラスとアメスピを吸ってみて。

その上での率直な感想です。

まずは、「プルームテックプラス」とのちがい。

吸いごたえはまったく別物と言っていいでしょう。

喉にガツンとくる感じは、紙巻タバコと同等かそれ以上

過去に紙巻たばこを卒業できなかった、いちばんの理由は「吸いごたえが足りない」という部分でしたから。

その点は今回のプルームXで初めてクリアできました。

ちなみに「メビウス」と「キャメル」のちがいは、私にはほとんど感じられません。

…なので、次に買うときは価格の安い「キャメル」一択かな。

あとは、紙巻タバコとの「味」のちがい。

こればかりは正直、紙巻タバコを超えているとは言い難く、、
おそらく今後も超えることはないでしょうね。

さすがに喫煙歴が30年ともなると…、やはり「煙臭さ」がないのがなんだか物足りない。

まぁしかし、プルームに「吸いごたえ」が加わった今、それも慣れの範疇のような気がします。

前述のとおり、目的は「部屋でタバコを吸う!」ですから。

紙巻の代替品として、これから大いに活躍してくれそうです。

タイトルとURLをコピーしました