『TourBox NEO』をFireAlpacaとWordPressで使ってみる

PC・機器・ソフト
スポンサーリンク

前回は『TourBox NEO』のことをサクッと紹介しましたが、今回は設定方法など もう少しだけ細かく見ていきます。

ファーストレビューはこちら。(↓)

インストール

まずは公式のホームページからソフトウェアをダウンロード

zipファイルを解凍後、セットアップ用のファイルをダブルクリックし インストールします。

インストールが完了したら、TourBox NEO本体をパソコンやタブレット端末などにUSBで接続し、準備は完了です。

設定方法

他に使用する機器(板タブなど)があれば、あらかじめ接続しておきます。

まずソフトウェアを開きます。

デフォルトの画面はこんな感じ。(↓)

画面左上を見るとプリセットにAdobeのソフトが4つ準備されているのが分かります。

公式のホームページから、その他のプリセットをここに追加することも可能です。(↓)

ペイント系のソフトとして、プリセットの一覧にある「Illustrator」や「CLIP STUDIO PAINT」などは、ダウンロードをすれば それだけで設定は完了です。

FireAlpacaのプリセットの例

私が使っている『FireAlpaca(ファイアアルパカ)』は 残念ながらプリセット一覧のどこにも見当たりません。

FireAlpaca(ファイアアルパカ)とは?

無料のイラストソフトです。

私は過去に「CLIP STUDIO PAINT」で挫折し、今はこの『FireAlpaca』を使ってます。
機能がシンプルなので、簡単なイラストなら(特に初心者には)こちらのソフトはおススメです。

では、一覧にない「FireAlpaca」を例に、ひとつひとつの操作の割り当てを 手動で設定していきます。

まず、プリセットリストにある「+」(プリセットを新規作成)をクリックします。

新規作成のダイアログが開いたら、ソフト名(FireAlpaca)を入力し「OK」をクリックします。

「プリセットをオートスウィッチ」「ON」の状態にします。

「ON」にしておけば、アクティブ状態のソフト(選択しているウィンドウのソフト)のプリセットに、自動で切り替えてくれます。
※「OFF」の場合は手動での切り替えが必要。

項目名に「FireAlpaca」が追加されるので、「未関連」のボタンをクリックして、FireAlpacaとTourBox NEOとの関連付けをおこないます。

ソフトの一覧から「FireAlpaca」を選択し、「OK」をクリック。

一覧のなかに見あたらない場合は、ソフトを起動させれば表示されます。
(FireAlpacaは表示させるのに起動が必要でした。)

プリセットの項目名に、ソフトのアイコンが表示されれば関連付けは完了です。

次は、本体のボタンやジョグなどに、ショートカットキーなどを登録していきます。

プリセットのイメージはこんな感じ。

こだわりポイント

初めての使用なので、全体的にPhotoshopのデフォルトを まずは参考にしました。
ただし、ど真ん中のノブにはブラシの太さではなく キャンパスの回転を割り当てたり、一時スポイトと一時ハンドの位置を逆にしたり…。
左手で実際に操作をしながら、自分の使いやすい割り当てを見つけていきました。
あと ちょっとしたこだわりは、「移動」のショートカットキーを登録せずに、「変形」と「Enter」を並べることで代用しているところ。(※割り当てる動作を少しでも減らしたかった。)

では、ひとつひとつのショートカットを登録していきます。

「プリセット設定」の項目をクリックして、設定画面を表示させます。

(※設定したいボタンやダイヤルは押したり回したりすると、項目のなかから選び出すことができます。

設定しなければならない項目は3つ。

下の例は、「変形」(Ctrl+T)を登録する場合です。

キーは②→①の順番に選択します。(②の選択が先)

①の項目

メインとなるキーです。(ボタンをクリックで選択)

②の項目

組み合わせるキーです。(キーボード上の該当のキーを押して選択)

③の項目

操作の名称を入力する欄です。(右端のペンマークをクリックして入力)

ほか、マウスのボタンをクリックすると、マウス操作のショートカットを選択することもできます。

最後に「OK」をクリックして、その項目の登録は完了です。

追加した操作項目は 自動で記憶(登録)され、入力欄の下に表示されるので、ボタンやジョグの割り当てのみを変更する場合には 操作項目名をクリック(選択)するだけです。

これですべての設定は完了です。

ボタンやジョグに登録したショートカットキーを確認したいときは、TourBox NEOのアイコンをクリックし、「ガイドを開く」を選択。

すると、アクティブになっているプリセットが、分かりやすく表示されます。

WordPressのプリセットの例

設定の方法は同じなので省略します。

『WordPress(ワードプレス)』で使用するときのイメージは こんな感じです。

物理キーボードでも容易に扱える一般的なショートカットキーは、「取り消し」「やり直し」「すべて選択」の3つだけに絞りました。

【後日】「取り消し」「やり直し」「すべて選択」の3つは、やはりキーボードでやるほうが効率的なので 割り当てを抹消しました。

あとは、ブロックの操作のうち、キーの組み合わせが複雑なものを優先。

おかげでブログ執筆の作業効率がUPしました。

さいごに

今回使用したのは、これまでに食わず嫌いになりがちだったクリエイター向けのデバイスでしたが、設定をがんばって試行錯誤した結果、ふだんの作業がかなり快適になりました。

中二ごころをくすぐる見た目ながら この『TourBox NEO』は、回転系の直感操作を多用するイラストの作成や、記憶しづらい特殊なショートカットを使いたい場面などに威力を発揮する、かなり実用的なツールでした。

次は動画編集ソフトを登録しようと思っていますので、おススメの設定方法が見つかったら また記事にします!(おしまい)

タイトルとURLをコピーしました