Logicool M546の分解/クリーニング

PC・機器・ソフト
スポンサーリンク

Logicoolのマウス・M546を分解してクリーニングします。

15ヶ月使用しましたが、チャタリングなどの不具合は出てないものの、右クリックが少し重くなってきました。

事務作業で酷使し続けたせいか、すでに表面はツルツル。『Logi』のロゴも消えてます。

このマウスは2千円程度の低価格のわりに、操作性はかなり良好です。

クリック音は小さめです。(カツっという音はします。)

ホイールはかなり軽い動作で、スクロールが思ったところに止まらないので、シビアな操作には慣れが必要です。

私のおこなう作業では、頻繁に激しくスクロールさせる必要があるので、このホイールの軽さが作業の負担をだいぶ減らしてくれています。

ソフトをインストールすれば、ホイールの左右クリックが有効になりますが、ホイールの動作が軽いため左右の操作は難しいです。

気に入ったので追加で2個購入し、すでに新しいものを使用してはいますが、1年以上使用したこのマウスもできれば復活させたいところです。

まずは電池とレシーバーが格納されているフタを開けます。

電池を外すと、1か所のネジ止めが確認できます。

ネジを1本外すと、うしろを持ち上げることができます。

そのまま前方にスライドさせると、簡単に外すことができました。

重くなっていた右クリックは、下の写真の部分ですが、ココの分解は難易度が少々高そうです。

左クリックと比べると、クリック音が低く、少し重く感じました。

このボタンを押す部品も摩耗でくぼんでいました。(※確認のため新品を分解してみたらフラットでした。)

更に細かく分解して清掃をするか、くぼんだ部分を削ってフラットにすれば、もとのクリック感が戻るかもしれませんが、使用するにはまだ許容範囲なので今回はスルーしました。

気を取り直して、ホイールの部分の埃を除去。(結構たまってました。)

上は清掃に使用した道具。(※ハケとブロワーは100円くらいです。)

クリック部分には気休め程度にグリスを塗っておきます。

元どおりにしてネジ止めで作業終了。

しばらくはまだこのまま使用できそうです。

タイトルとURLをコピーしました