スクリーンセーバーを起動させるショートカットアイコン【Windows】

Windows PC

スクリーンセーバーを即時に起動するショートカットアイコンを、デスクトップに置く方法です。

電話や来客でデスクから退席しなければならない際に、作業中の画面を他の人に見られたくないことってありますよね。

そんなとき、即時にスクリーンセーバーを起動できれば、
開いてるウインドウをすべて閉じたり、「Windowsキー」+「Tab」でデスクトップを切り替えたりするよりも、手軽にパソコン画面の目隠しができます。

スクリーンセーバーの設定

この記事のタイトルと直接関係はありませんが、
まずはスクリーンセーバーの設定画面を出す手順です。

(※この説明が必要なければ、ココから「ショートカットアイコンの作成」へジャンプしてください。)

デスクトップ画面上で右クリック。

『個人用設定』を開きます。

「ロック画面」>「スクリーンセーバー設定」をクリックします。

「スクリーンセーバーの設定」のダイアログが表示されるので、任意の設定をしておきます。

(※ここでの設定は、弄っているうちに理解できると思うので割愛します。)


ショートカットアイコンをデスクトップ上に置く

「Cドライブ」>「Windows」>「System32」を開き、
その中の「scrnsave」というファイルを見つけます。

あとはこの「scrnsave」のファイルを右クリックして、デスクトップ上にショートカットをつくるだけです。

上記の操作でショートカットアイコンがデスクトップ上に表示されます。

これをダブルクリックすれば、即時にスクリーンセーバーが起動します。

あくまで簡易の目隠しです。
当然ですがキーを叩いたりマウスが動いたりすると、もとの画面に戻ります。
タイトルとURLをコピーしました