タブを使って文字列をきれいに揃える方法【Word】

Windows PC

Wordの編集の際に、いくつか項目に分けられた文字列を、
きれいに揃えるのはなかなか大変なことです。

この記事では、『Tab』キーを使って文字列をきれいに見せる方法を、
できるだけわかりやすく解説していきます。

スペースを挿入して調整

下は、「日付」と「場所」という2つの情報を文字列で表し、スペースを挿入して位置を調整したものです。

ほぼ揃っているので、ズレが気にならなければこれでも構わないと思います。

編集の時間が限られているときなどは、
スペースで調整するのもアリです!

スペースを表示させてみると、こんな感じです。

ただ、3行目の「運動公園」の先頭が、
ほんの少し右にズレてますね。

スペースを表示させるには?

記号を表示するかしないかは、『ホーム』タブの『段落』にある、
編集記号の表示/非表示』のボタンをクリックして切り替えます。

「Tab」キーのみで揃える方法

「Tab」キーはキーボードの左側にあります。

準備

スペースが挿入されていない、下のような状態からスタートします。

下の文字列をWordに貼り付けて、
ぜひ一緒にやってみてください!

《練習場所》
9月11日(土)競技場
9月12日(日)屋内練習場
10月10日(日)運動公園

【Wordへの貼り付け方】
①上の文字列をコピー
②貼り付け場所で右クリック
③『テキストのみ保持』のアイコンをクリック

(*記事内画像のフォントは「游明朝14pt」にしてあります。)

水平ルーラーの表示

文字列の位置を調整するときには、『水平ルーラー』が必須です。

表示されていない場合は、
表示』タブ→『表示』→『ルーラー』にチェックをつけると現れます。

『Tab』キーの使い方

画像の矢印の位置にカーソルをあわせて、『Tab』キーを1回押します。

すると、「競技場」の先頭が、ルーラーの「12」の位置まで移動します。

2行目、3行目も同じようにカーソルをあわせ、『Tab』キーを押すと、
「屋内練習場」「運動公園」の先頭も、「12」の位置に揃ってくれます。

水平ルーラーの目盛りは「文字数」を表してます。
目盛りの「12」は、左から12字分の位置ということです。

『タブ』は、キーを1回押すごとに、「4」→「8」→「12」→「16」…と、
水平ルーラー上の位置が4つずつ動きます。
(※必ず4の倍数の目盛りの位置に止まります。)

もう少し細かく調整するには?

「12」の位置では間隔が広すぎるので、ここから細かく位置調整する方法です。

まずは『戻る』ボタンで、下の画像のような初期状態にいったん戻してください。

(『Delete』または『Back Space』キーで空白部分を消すこともできます。)

レイアウト』タブの『段落』の右下にある、小さな矢印をクリックして、
段落』のダイアログを表示させます。

『段落』ダイアログのいちばん下にある、『タブ設定』のボタンをクリック。

タブとリーダー』というダイアログが開かれたら、右上の『規定値』の部分を確認します。
(※デフォルトでは「4字」。)

タブをもう少し細かく移動させたいので、
1字」にしてみます。(値は任意です。)

先ほどと同じように、カーソルをあわせて『Tab』キーで文字列を移動させます。

設定を『1字』に変えたことで、『Tab』キーを1回押すごとに、1目盛りずつ動くようになります

下画像では「10」の目盛りの位置まで移動させています。

これなら、さっきよりも細かく位置調整できますね。

2行目、3行目も同じように、カーソルをあわせ『Tab』キーで「10」の位置に調整します。

これで、3つの行がちょうどよい位置に揃ってくれます。

NEXT

次は、実際にタブを設置して、項目をきれいに揃える方法です。(記事後半へ↓)

スポンサーリンク

3つ以上の項目を揃える方法

次は、より細かいタブの使い方です。

先ほどの「日付」「場所」に、「時間」の項目を増やしてみます。

できあがりのイメージはこのような感じです。

全体がいちばん美しく見えるように、それぞれの項目を右や中央に揃えてあります。

いちばん上の3つの記号が、タブの位置と種類を表しています。

それではここから、上の画像のように3つの列を揃える方法です。

準備

先ほどと同様に、3つの項目のあいだにスペースが挿入されていない状態からスタートします。

この操作も、一緒にやってみたほうがわかりやすいです。
下の文字列をWordに貼り付けてください!

《練習スケジュール》
9月11日(土)8:30~競技場
9月12日(日)10:00~屋内練習場
10月17日(日)14:30~運動公園

【Wordへの貼り付け方】
①上の文字列をコピー
②貼り付け場所で右クリック
③『テキストのみ保持』のアイコンをクリック

(*記事内画像のフォントは「游明朝14pt」にしてあります。)

タブの種類について

タブの種類』は、『水平ルーラー』の左側に表示されています。

(*『水平ルーラー』がもし表示されていなければ、こちらをクリックして上に戻ってください。)

1回クリックするごとに、種類が切り替わります。

基本的には、下の画像の『左揃え』『右揃え』『中央揃え』の3つを使います。

タブの設置から位置の調整まで

ここからは下の名称を使って説明しますので、できれば覚えておいてください。

まず、揃えたいエリアすべてを、ドラッグで範囲指定しておきます。

この手順を忘れてしまうと、3行とも別々にタブ設置

しなければならなくなるので、とても面倒です。

次に、『タブ①』『タブ②』『タブ③』の3つを、『水平ルーラー』上に設置していきます。

まずは『タブ①』から。

左側の『セレクタ』を数回クリックして『タブの種類』を選択し、
『水平ルーラー』の下あたりをクリックしてタブを設置します。

(※画像では「右揃えタブ」を選択しています。)

『タブ②(右揃え)』『タブ③(中央揃え)』も同じように、
『セレクタ』で選択→『クリック』で設置をおこないます。

あとで簡単に調整できるので、
設置場所はホントにテキトーでかまいません。

タブの設置に失敗したときは?

ちがう種類のタブを選んでしまったり、操作をやり直さなければならないときがあります。

そういうときは『水平ルーラー』の枠外にドラッグして出すことで、簡単に削除できます。

 

次に、エリアをタブを設置した位置まで移動させます。

(先ほどドラッグした『範囲指定』は、ここで解除してもOKです。)

まず1行目の「9月11日」の行から。

「あ」にカーソルをあわせて『Tab』キーを押します。

そして「い」「う」でも同じ操作をおこないます。

「あ」「い」「う」のカーソルの場所は、
「あ」「い」「う」のエリアのそれぞれ先頭(左側)ということです。

すると、先ほど設置したタブの位置にすべて揃います。

ここで、もし表示(レイアウト)が崩れた状態になった場合は、
エリアが重なっているか、エリアがページ外にはみ出していることが考えられます。

タブをドラッグして左右に動かしながら調整すれば
きちんとした表示状態になります!

2行目3行目の『9月12日』と『9月17日』も、1行目と同じ操作をおこないます。

あとは、間隔を調整です。

3行ともまとめて調整したいので、ふたたびドラッグで『範囲指定』しておきます。

あとは、タブをドラッグで左右に動かしながら、位置を調整します。

動かすときに『水平ルーラー』から外れると
タブが消えてしまうので、ここは慎重に操作します。

調整が終わったら完成です。

こうすれば速い!─実際の活用法─

ここまでに説明した方法は、基本的なタブの設置方法です。

慣れるまでは基本的なこのやり方が推奨です。

使ってるうちにタブの仕組みや挙動が
だんだんとわかってくると思います。

ただ、このやり方は意外に面倒なのはたしかです。

特に、『タブの種類』を選択するときに、何度もクリックしなければなりません。

実は「タブの種類」も最初はテキトーでいい!

ここから先は、実際に私がやっている方法です。

簡略化できるのは、初めの『タブの設置』の段階です。

さっきのやり方では、まず『タブの種類』を選択したあとで、
『水平ルーラー』上に設置してましたよね。

デフォルトで『タブの種類』が「右揃え」になっていますが、

タブの種類は気にせず、ポン・ポン・ポンとテキトーに設置します

(*タブ設置の前に「範囲指定」だけは忘れずに。)

そして、3つのタブのうちどれでもいいので、ダブルクリックします。

すると、先ほどの『タブとリーダー』のダイアログが起動します。

初めは必ず『エリア①』が選択された状態でダイアログが表示されます。(3つのうちのどれをダブルクリックしても同じ。)

【例】『エリア③』の設定を「右揃え」から「中央揃え」に変える場合(↓)

『タブの位置』で「エリア」を決定(選択)し、『配置』を選ぶ。
これの繰り返しです。

つまり3つすべてのエリアのタブ配置を、
同じダイアログのなかで、
いっぺんに設定できるということです。

【注意】
ダイアログを開く際に、3つのタブのどれをダブルクリックしても
初めはいちばん左側の『タブ①』がデフォルトで選択された状態です。
ですから、まず最初に『タブ位置』の選択エリアの選択)を忘れずに!
(*これ、意外に忘れがちです。)

エリア①→「右揃え」
エリア②→「右揃え」
エリア③→「中央揃え」
を選択し、最後に『OK』をクリックしてダイアログを閉じます。

すると、タブの種類が、設定したとおりにまとめて切り替わります。

このあとのタブ位置の調整は、先ほどと同じ手順です。

つまり『タブの種類』は、初めに決めなくても、
いつでも変更できるということですね!

複数の列をそろえたい場合に、『○列目は○○揃え』のように初めから決まってないときってありますよね。
タブの設定変更は、作業のどのタイミングでもできます。
ですから、タブを最初に設置するときは、ホントに思いつくままテキトーでいいということです!

あとがき

この記事にそって一緒にやった方には分かってもらえたと思いますが、
覚えなければならない手順は意外に少ないし、時間も大してかかりません。

「なんとなく難しいそう。」と思って食わず嫌いになっている人にも、ぜひ実践してほしい、『タブ』設定で文字列を揃える方法でした。

タイトルとURLをコピーしました