サロンセンス300(コイズミ)KDH-9490/Kを購入しました

ガジェット・小物

ドライヤーを購入する際に、みなさんは何を基準に選んでいますか?

今まで使ってきたドライヤーが故障してしまったので、今回は「風量」にこだわってプロ仕様の『サロンセンス300(KDH-9490)』を購入してみました。

私みたいに男性が紹介するジャンルではないかもしれませんが、発売されて間もない商品なので、使用してみて良かった点悪かった点を、妻の感想も含めてレビューします。

これまで使用してきたもの(ナノケア)

写真は、残念ながら調子が悪くなってしまったこれまでの使用品です。

パナソニックのナノケア(EH-CNA99-MS)ですが、こちらはすでに製造終了品。

モーターの力が明らかに弱くなってしまいました。

パナソニックのナノケアはうちの家庭でこれまでとても好評で、モデルチェンジしたものを買い替えで2回購入しました。

こちらはネットでのレビュー評価も高く、約3年ずつ計6年ほど使用してきましたが、文句なしの商品でした。

うちの家庭は1回の使用時間が比較的に長いため、よくがんばってくれたほうだと思います。

同等品はこちら↓

「コイズミ」というメーカーを選んだきっかけ

ナノケアの調子が悪くなったとき、
「なんでもいいよ。」(妻)と、購入するドライヤーの選択を任されたのがそもそものきっかけです。

そのとき真っ先に思い出したのは、
あるかたがツイッターで『コイズミのドライヤーは大風量でコスパがいい』と呟かれていたこと。

髪の潤いを残しながら根元をサッと乾かすのには「大風量」が必須です。

早速、コイズミさんの公式ページに飛んでみると、ラインナップは19種類

そのなかで私の目を引いたのは、プロ用と書かれた黒い本体のモデル。

正直、価格は決して安いとはいえません。

ただ、この先また3年くらい使うと仮定すれば、日常生活において快適に使えることが最優先です。

そしてそこから思案することおよそ10分。

アマゾンの商品ページにてポチっと。

「KHD-9490/K」の特徴

使用感を報告する前に、この商品の特徴について。

おもな特徴
  1. 長寿命BLDCモーター
  2. マイナスイオン
  3. 5段階風量調節/3段階温度調節
  4. 2種類のノズル
  5. メーカー2年保証

公式ページによると、20,000時間という長寿命モーターが最大の売りのようです。
(数値はメーカー公称値)

ナノケアが3年間(うちの家庭の場合)という経験がありますから、それ以上の寿命を記録してくれることに期待です。

使用してみての感想

全体的にマットでおしゃれな質感。

ロゴにはJMW社とのコラボ商品であることが表記してあります。

サイドにある集風のための巨大なファンにも目が引きつけられます。

本体質量は600g(ノズルを含まず)と、家庭用のドライヤーとしては決して軽い部類ではありません。

ただ、これまでと比べるとほんの少し重量が増しているはずなのに、

妻が使用したあとの初めての感想は「軽い!」でした。

私も同じように感じましたが、おそらく全体的に細身だからかもしれません。

それともう一つ。

家庭用の一般的なドライヤーと比較すると、ファンからノズルまでが長く、その点初めは違和感がありました。

ただこれも慣れの範疇で、3日ほど使用しましたが、今は気になりません。

背面(ファン側)に電源スイッチ。

前面(ノズル側)です。

上部がMODE(温度)の切り替えボタン。

下部が風量調節(上/下)のボタンです。

最大風量はかなり強め、手が押し戻されるくらいの感覚があります。

新品のころのパナのドライヤーより風量は明らかに上です。

(ナノケアのいちばんの売りはおそらく「風量」ではないので、そのあたりは誤解なく。)

驚くほど速乾

だからセットの決まりもいい

風量の調節も直感的に操作できるのは、女性にとって便利な点でしょう。

(私の場合はつねに風量最大にしてます。)

この商品が届くまでは、応急的に風量の弱い小さなドライヤーを使用せざるを得ませんでした。

ゆっくり時間をかけて乾かしていると、最初にセットした部分にも熱風が当たってしまい、なかなか思いどおりにならなくて。

このドライヤーはグワッと風が出てあっという間に乾くので、髪に変なクセがつかないんです。

そして髪がパサパサにならないうちに、根元はしっかりと乾いてくれます。

「風量」って大事なんだなぁ、と改めて思った次第。

「プロ用」と称しているだけあって、電源コードの根元はガッシリとしたつくりです。

洗面台の角に激しくぶつけてしまってもおそらく大丈夫でしょう。

まとめ(感想)

これまでは「パナソニック」というブランドに魅かれて、特にこだわりもなくドライヤーは選んできました。

(妻のひと言がなければナノケアを再び購入してました、たぶん。)

しかし、価格・性能ともに満足できる商品は、他にもたくさんあることが分かりました。

今回購入した『KHD-9490/K』は、使用感では買って後悔はまったくなかった、というのが正直な感想。

これからどのくらいの耐久性を見せてくれるのか興味津々です。

もし、故障したり不満な点が出てきたりしたら、追加でレビューします。

タイトルとURLをコピーしました