文字列の変換後の確定方法について【Windowsエクスプローラー】

Windows PC

Windowsエクスプローラー上で、ファイル名を変換する際に、Enterキーを押さずに文字列を確定させる方法です。

どこのアップデートからそうなったのか分かりませんが、文字列の変換時に以下の2つの挙動がみられるようになりました。

  1. Enterキーを押さないと変換が確定されない。
  2. ファイル名の編集中、文字列の別の場所にカーソルを移動させてから入力する際に、正常に文字が表示されず、入力すら受けつけないこともしばしばある。

とりあえず上の2つの症状は、この記事の対処法で解決しました

他にもアプデ後の挙動におかしなところがあれば、まず最初に試してほしい方法です。

症状

Windowsエクスプローラーでファイル名を入力・変更する際に、2つ以上の文節に分けて変換することがあります。

【例】「ドメインを追加」と入力する場合。

ここでエンターキーを押さないまま2つ目の文節の文字列を入力すると、
「追加(ついか)」の文字列の最初のキー「t」が反応せず「ういか」になってしまいます。

つまり、次の(2つ目の)文節の文字列を入力する際は、
前の(1つ目の)文字列の変換を必ず確定させなければならない仕様のようです。

  1. アプデ前はエンターキーを押さなくても、次の文字列を入力すると確定されていた。(WindowsアップデートによるIMEの仕様変更。)
  2. 上の【例】では,「t」のキーが確定の役割になってしまっている。
  3. ワードやワードパットなどの編集の際は、エンターキーを押さなくても次の入力に進める。(※以前はエクスプローラーも同じ仕様だった。)

対処法

『Windowsの設定』から、検索窓に「IME」と入力し、
『日本語IMEの設定』を選択する。

次に『全般』をクリック。

「互換性」の『以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う』をONにする。

操作は以上です。

以下のとおり、以前のようにエンターキーを押さなくても、変換が確定されるようになりました。

この記事の初めに記載した不具合(アップデートによる仕様変更)は、すべて元どおり正常になりました。

もともとWindowsが用意した設定項目を使ってのダウングレードですから、挙動の心配は無用でしょう。

上の但し書きから察するに、この記事のような問題が生じる可能性はMicrosoftも想定してたのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました