リモートデスクトップを利用したい、でも、パスワードは省略したい

Windows PC
スポンサーリンク

当ブログは収益を目的としたアフィリエイト広告およびアドセンス広告を使用しており、記事内にそれらの広告が含まれる場合があります。

ワタシのパソコンのほとんどは、アカウントやユーザー登録・パスワードの設定などをせず、購入時の状態のままでWindowsを使用してきましたが、このままでは使えない機能も徐々に増えてきたため、先日 これらの設定を済ませました。

ただ パスワードだけは、Windowsを立ち上げるたびに入力するのがどうしても煩わしいので、入力を省略する設定にしてあります。(↓以下の記事にて)

ところが最近「リモートデスクトップ」を初めて使ってみて、ホスト側のPCがパスワード省略の設定になっている場合はリモート接続ができない仕様であることが分かりました。

今回の記事は、リモートデスクトップを利用したい、でも、パスワードは省略したいという我儘わがままな願いを叶えるための設定方法です。

必ず読んでください

この記事のとおりに設定をした場合、「パスワード省略」になっているパソコンを リモートデスクトップのホストPCにできるのと同時に、リモート接続の際のパスワードも不要になってしまいます。セキュリティ面はほぼざるの状態になってしまうので、重要なデータを扱うパソコンに この設定を適用させないでください。


(ここからが本編)

「windows システムツール」から「コントロールパネル」を開きます。

「システムとセキュリティ」をクリック。

いちばん下にある「管理ツール」をクリック。

管理ツールのウインドウが開いたら、「ローカル セキュリティ ポリシー」をダブルクリック。

また新しいウインドウが開いたところで、「ローカル ポリシー」をダブルクリック。

「セキュリティ オプション」をダブルクリック。

「ローカルアカウントの空のパスワードの仕様をコンソールログオンのみに制限する」をダブルクリック。

ダイアログが開いたら「無効」を適用して(デフォルトは「有効」)、「OK」をクリック。

これで、「パスワード省略」の設定になったままのホストPCに リモート接続ができるようになります。

>>注意!:「必ず読んでください」に戻る

タイトルとURLをコピーしました