WordPressの更新通知が届かなかった理由【WP Downgrade】

WordPress

WordPressをバージョンダウンさせるために使用した『WP Downgrade』が原因で、最新バージョンへの更新情報が届かなかったというお話です。

最新バージョンが反映されていない?!

2021年2月23日に、WordPress 5.6.2への自動更新が完了したとの通知がメールで届いていました。

2日前のことです。

ところが、運営している複数のブログサイトのうち、3つに更新通知が来ていないことに気づきました。

バージョンは一つ前の『5.6.1』。「再確認」をクリックしても情報は更新されず。

原因が判明!

ただ、その3つのサイトには、最近おこなった操作で共通点があったので、通知が届かなかった原因はすぐに察しがつきました。

それはWordPressを手動でダウンバージョンをおこない、最近になって最新バージョンに戻したこと。

使用したプラグインは『WP Downgrade』です。

これを再び手動で『5.6.2』(最新バージョン)にしてみました。

すると…

即座に正しい情報に更新されました。

プラグインの無効化

手動で更新情報を反映させることはできたものの、自動で更新できないのでは解決になっていません。

そこで、検証のためいったん『5.6.1』にバージョンをもどし、
『WP Downgrade』を無効化してみると…

ビンゴでした。

どうやら、『WP Downgrade』を使ってWordPressの更新を手動でおこなうと、
バージョンはそこで固定されてしまい、その後の更新情報は届かないようです。

要は、ただプラグインを「無効化」してしまえばよいだけのこと。

今になって考えてみれば、ばかばかしいほど当たり前の対処法ですが、
プラグインの挙動は経験してみないと分からないことです。

『WP Downgrade』は、WordPressの最新バージョンへの移行が完了したら、必ず「無効化」または「削除」しておく!

今後は無事に更新通知が届くことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました