【Excel】1行おきにまとめて行を挿入する方法

Windows PC
スポンサーリンク

エクセルでレイアウトを変える作業などで、1行ごとに行を挿入したい場合があります。

通常の方法

方法1:「右クリックで挿入」

「行を選択(行番号をクリック)」「右クリック」「挿入」

これを繰り返すのが一般的な方法です。

方法2:「ショートカットキーで挿入」

本記事の内容と関係なしに、覚えておくと作業効率が上がるショートカットキーです。

方法1よりも簡単なのは、「Ctrl」+「+」のショートカットキーで挿入する方法。
(※削除「Ctrl」+「-」です。)

ちなみに、列も同じ方法(「Ctrl」+「+」)で挿入することができます。

まとめて挿入する方法

方法3:「クリックで挿入」

「わずか数行だけど、まとめて挿入したい」、…という状況であればこの方法。

まず「Ctrl」+「行番号をクリック」でひとつひとつ「選択」していきます。
(※それぞれ上の行に挿入されるので、1行目の選択は不要。)


選択が終わったら、選択範囲内にカーソルを置き「右クリック」「挿入」です。

こうなります。(↓)

方法4:「並べかえで挿入」

かなり多くの行に、1つおきにまとめて挿入する方法です。(※数十秒でできます!)

表の右端に1~10までの連番を入力しておきます。
(連番は並べかえ用です。また、連番の数は行の数によって変えてください。)

まずは、連番の入力方法から。

まず最上部に「1」を入力し、そのセルの右下を右クリックでドラッグします。(注:一般的に使用するのは左ドラッグなので、ここはお間違いなく。)

右クリックした指を離すとダイアログが表示されるので、「連続データ」をクリック。

するとこの状態で、連番の入力が完了します。

入力した連番を、そのまますぐ下にコピペします。
(「Ctrl」+「C」でコピー → 「Ctrl」+「V」で貼り付け。)

次に、並べかえたい部分と先ほど連番の範囲をまとめて選択し、
「データ」タブの「並べかえ」をクリックします。

並べかえのダイアログが表示されたら、先ほど連番を入力した列(画像の例では「列E」)を選択。

順序は「小さい順」(または「昇順」)を選択してから「OK」をクリックします。

ちなみに、連番の列には項目名がないので、「先頭行をデータ見出しとして使用する」のチェックは外したほうがわかりやすいです。(※外さなくても特に支障はないが、その場合は空白の列を選択する。)

下のように、1つおきに行が挿入されます。

最後に、並べかえ用で入力した連番を消去すれば、1行おき挿入が完了です。

タイトルとURLをコピーしました