キーボードやマウスでの操作のメモ【PCスキル】

Windows PC

パソコン操作で日常よく使うショートカットなどのメモです。

「Ctrl」+「A」【すべて選択】

使用環境:Windows Word Excel ペイント ウェブブラウザ

Ctrl」+「A」で、エクスプローラーでは『すべてのファイル・フォルダ』、ペイントでは『全範囲』が選択される。

「Ctrl」+「C」【コピー】

使用環境:Windows Word Excel ペイント ウェブブラウザ

任意の範囲を選択して「Ctrl」+「C」で、クリップボードに『コピー』される。

※コピーしたものは、別の場所に『貼り付け』で利用する。

「Ctrl」+「V」【貼り付け】

使用環境:Windows Word Excel ペイント ウェブブラウザ

クリップボードにコピーされたコンテンツを、任意の場所に「Ctrl」+「V」で『ペースト(貼り付け)』。

一度クリップボードにコピーされたものは、くり返し貼り付けることができる。

「Ctrl」+「X」【切り取り】

使用環境:Windows Word Excel ペイント ウェブブラウザ

Ctrl」+「X」で、指定した範囲を切り取る。

切り取ったものは『コピー』と同様、クリップボードに保存されるので、貼り付けて利用する。

「Ctrl」+「Shift」+「N」【新規フォルダ】

使用環境:Windows

Ctrl」+「Shift」+「N」で、エクスプローラやデスクトップなどの場所に、「新規フォルダの作成」をすることができる。

「F2」【名前の変更】

使用環境:Windows

通常はファイル・フォルダの名前の上にポインタを合わせて、右クリックで『名前の変更』。

右クリックを使わなくても、「F2」で『名前の変更』をすることができる。

「Ctrl」+「S」【上書き保存】

使用環境:Word Excel ペイント

Ctrl」+「S」で、編集内容を『上書き保存』できる。

たくさんのファイルを次々に編集したりする際に便利です。

「Ctrl」+「B」【太字】

使用環境:Windows Word Excel ペイント ウェブブラウザ

Ctrl」+「B」で、ドラッグなどで指定した文字列を『太字』に装飾することができる。

「Ctrl」+「Z」【操作を1つずつ前にもどす】

使用環境:Windows Word Excel ペイント ウェブブラウザ

Ctrl」+「Z」で、おこなった操作を『キャンセルする(戻す)』ことができる。

ブラウザ(ウェブ上)でも有効なので、
たとえばブラウザメール(GmailやYahooメールなど)で、文章を誤って消去したりした場合などにも有効です。(操作を戻すことができます。)
この操作では「長押し」も有効です。
もどしたい操作がたくさんある場合にはとても便利です。
(※ただし、こちらは非推奨です。ウィンドウ内での操作の開始点がハッキリ分かっているときだけにしたほうがよいです。)
「Ctrl」+「Z」は、WordやExcel その他いろいろなソフト上で”取り消し/やり直し”ができる、とても便利な操作法です。
ただ、この操作をおこなう前に、アクティブになっているウィンドウやファイルの確認は必須です。
(※マウスオーバーのみではこの操作ができないため。)
例えば、エクスプローラー上でファイル・フォルダの整理をおこなったあとに、そこがアクティブになったまま、開いているソフト上にカーソルを移動させるだけでこの操作をやろうとすると、エクスプローラーでの操作(整理)がもとに戻ってしまいます。
特に、作業の途中で休憩をはさんだりすると、アクティブになっている場所を忘れてしまっていて、この失敗をやっていまいます。
操作の前に、対象を必ずワンクリックする習慣くせをつけておくと安心です。

「Ctrl」+「マウスホイール」【表示の拡大/縮小】

使用環境:Windows Word Excel ペイント ウェブブラウザ

前に回すと表示が『拡大』、後ろに回すと『縮小』される。

エクスプローラーでは表示形式を切り替えることができる。

マウスホイールを回すごとに、表示形式が切り替わっていく。

「Shift」+「クリック」【範囲選択】

使用環境:Windows Word Excel

Shift」+「選択(クリック)」で選択範囲を指定できる。

「Ctrl」+「クリック」【1個ずつ選択】

使用環境:Windows Word Excel

Ctrl」+「クリック」で、必要なものだけを個別に選択できる。

「Shift」+「楕円」【正円】

使用環境:Word Excel ペイント

Shift」を押しながら「楕円」を描く操作をすると、『正円』を描くことができる。

『円』と同様に、
Shift」+「長方形」で『正方形』を描くことができる。

「Shift」+「直線」【水平線/45度線/90度線】

使用環境:Word Excel ペイント

Shift」を押しながら「直線」を描く操作をすると、『決まった角度の直線』になる。

「Shit」を使って描くと…

「範囲指定」+「ドラッグ」【移動】

使用環境:Windows Word Excel ペイント

ファイル・フォルダ・文字列・セルの値・図形などを、普通に移動させたいときはこの操作。

「範囲指定」+「Ctrl」+「ドラッグ」【コピペ】

使用環境:Windows Word Excel ペイント

範囲指定」+「Ctrl」+「ドラッグ」で、
コピー』と『ペースト(貼り付け)』を一度にできる。

【Explorerの場合】

【Wordの場合】

【Excelの場合】

【ペイントの場合】

「範囲指定」+「Enter」+「Back space」【選択して削除】

使用環境:Excel

ドラッグして「範囲指定」したセル内の値を、「Enter」を使って選択しながら、「Back space」で『1つずつ削除』することができる。

「範囲指定」+「Del」【一括削除】

使用環境:Excel

Del」(「Delete」)を使うと、選択範囲のセル内の値を『一括で削除』できる。

「Ctrl」+「D」【上のセルを複製】

使用環境:Excel

Ctrl」+「D」で、『1つ上のセルをコピペ』することができる。

エクスプローラー上では、「Ctrl」+「D」は”削除”の操作になるので、誤ってファイルを削除してしまわないように、エクセルがアクティブの状態にあるかどうか注意が必要。

「Ctrl」+「;」【日付の入力】

使用環境:Excel

Ctrl」+「;」で、セル内に『その日の日付』を入力することができる。

表示形式は、『セルの書式設定』→『表示形式』→『日付』
で変更できる。

「Ctrl」+「:」【時刻の入力】

使用環境:Excel

Ctrl」+「:」で、セル内に『そのときの時刻』を入力することができる。

タイトルとURLをコピーしました