【Dropbox】スマートシンクを使ってみた(ローカルとのちがいを検証)

Windows PC
スポンサーリンク

Dropbox「Professional」の『スマートシンク』という機能が、2019年5月に「Plus」のプランでも利用可能となりました

私がこの機能を利用しようと思った経緯を交えて、今回の導入で気づいた良い点不便な点を紹介します。

導入のきっかけ

なぜ今まで利用しなかった?

「スマートシンク」とはどんなしくみなのか、私もなんとなくは理解していました。

要するに、「パソコン内のエクスプローラーには、これまでどおりファイル・フォルダが表示されてはいるが、実際にはそこに存在しておらずファイルを開こうとしたときにデータがダウンロード(同期)される」ということでしょう。

つまり、ふだんはファイルのインデックスのみが表示され、パソコンのデータ容量を大幅に節約できる、と。

使用する以前のこの認識は、大筋で正しかったと思います。

←実際に「スマートシンク」を利用しているファイルです。

サイズは「399KB」としっかり表示されていますが、ディスク上のサイズは「0バイト」なので実際にはパソコン内にファイルは存在していません。

「いちいちダウンロードするのでは、ファイルを開くのに時間がかかるのではないか?」

これまで利用しなかったのは、たったそれだけの理由でした。

利用しようとおもったきっかけ

Dropbox Plusで現在使用している容量は1.8TB(1800GB)。

対して、パソコン本体のSSDの容量は500GBしかないため、これまでDropboxフォルダは、外付けのハードディスクに置いていました。

ただ、不都合だったのは、ハードディスクはスリープからの復帰に数秒かかる上に、そもそもUSB2.0でパソコン本体と接続しているため、ローカルにもかかわらず速度が非常に遅い

そこでふと浮かんだ疑問。

「ローカル(外付けHDD)とスマートシンク(本体SSD)では、いったいどちらが速いのだろう??」

スポンサーリンク

速度は快適

結論からいうと、スマートシンクでも「ファイルを開く速度」については何の問題もなく

通信環境やパソコンのスペックにもよると思いますが、数メガバイトのファイルであれば、ローカルとほぼ同等の速さで、ファイルを開くことができます。(通信速度は1Gbps)

もちろん、ファイルサイズが大きくなれば、それだけ時間もかかります。

しかし、一度開いたファイルは、ローカルとしてパソコン本体のSSDに保存されますから、2回目以降に開く際は非常に速いです。

参考までに、比較的サイズの大きい(約500MBの)PDFファイルでスマートシンクを試してみたら、初回で約25秒かかりました。この結果もパソコンのスペックやネット環境にもよると思いますが、毎回こんなに時間がかかるわけではありませんから、まぁ許容範囲です。

もし、データ容量がパソコンを圧迫するような状態になった場合、そのファイルはまた「スマートシンク(オンラインのみ)」に、容易にもどすことができます。(フォルダ単位でも可能。)

そうすれば、パソコン本体内からそのデータが削除され、ふたたび「オンラインのみ」となります。

ちなみに、「ハードドライブの容量を自動で節約」「オン」の状態にしておけば、数ヶ月使用しなかったファイルは、自動的に「オンラインのみ」になります

利用開始時の失敗

そもそも、スマートシンクを利用しようと思ったのは、Dropboxフォルダの場所を、外付けHDDから本体SSDに移すためでした。

そこでまず、ローカル(そのときはHDD)の全データにスマートシンクを適用してみましたが、すべてのデータが「オンラインのみ」に切り替わるのに、なんと17時間を要してしまいました。

上限の2TBのうち1.8TBを使用しているわけですから、まぁ予想はしていましたが。

私の古いパソコン(3世代 i5)は、そのあいだはまともに動作せず、仕事で使えない状態になってしまいました。(↓↓こんなとんでもない状態に…。)

今思えば、下のような感じで移行させたほうがよかったかもしれません。

  1. 「選択型同期」で、すべてのフォルダの同期を解除する(ローカルをすべて空っぽにする)
  2. Dropboxフォルダの場所を、HDDからSSDに移動する
  3. 「ハードドライブの容量を自動で節約」を「オン」にする
  4. 「選択型同期」で、同期させたいフォルダを選択する(自動的にスマートシンクが適用される)

(もっと効率のよい方法はあるかもしれませんが…)

現時点で気づいたこと

ファイルを削除する際は注意が必要

「オンラインのみ」になったファイル(のインデックス)を削除しようとすると、以下のようなダイアログが必ず表示されます。

「ローカル」であれば、削除したファイルはそのまま「ゴミ箱」に直行してくれますから、この確認メッセージはけっこう煩わしいです。

(※ちなみにゴミ箱の設定は、こんな感じで確認のメッセージを表示させないようにしています。)

ここで注意しなければならないのは、「オンラインのみ」の場合、ファイルはあくまで「インデックス」ですから、削除したあとにゴミ箱をいくら探しても見つかりません。(完全削除になります。)

おそらく、Dropboxの「イベント」から「復元」するしかないでしょう。

ただし、一度ダウンロードしたもの(*ローカルの状態になっているもの)であれば、ゴミ箱行きになります。

ネットワーク共有はできない

私の場合は、複数人数で共用しているパソコンがあり、個人のDropboxアカウントでログインができないため、そのパソコンとはホームネットワークでデータの共有をしています。

その場合、「オンラインのみ」のファイルは別のパソコンには表示されません

「Plus」以上のプランを利用しているかたは、別のパソコンにも同一のDropboxアカウントを登録しているでしょうから、おそらくこれは私だけの問題かもしれません。

サムネイルが表示される

デスクトップやエクスプローラー上に、ローカルのファイルと同じように、ファイルのサムネイルが表示されます

JPGやPNGのような画像ファイルはもちろん、PDFやWord・Excelファイルなどもです。

「オンラインのみ」のファイルは、一度開くとローカルになってしまうわけですから、ファイルを開く直前に確認できるのはありがたいです。

まとめ

まだ「スマートシンク」を使い始めて数日ですが、もともと「ローカル」派だった私が、もうすでにその利便性のよさに完全にハマってしまいました。

「Plusプラン」は「スマートシンク」が適用される以前から使ってますから、逆に、なぜもっと早く使わなかったのか!と、後悔しているくらいです。

もうこの機能は手放せないでしょうし、他社に乗り換えたり、有料プランを解約することもないでしょう。

「スマートシンク」は、少し前の私のように”食わず嫌い”になっているかたには、ぜひおススメしたい便利な機能だと思いました。

この記事では「スマートシンク」の便利なところを紹介しましたが、あることが理由で後日ローカルに戻すことになってしまいました。そちらは別記事で。(↓)
タイトルとURLをコピーしました