Amazon Music Unlimitedの返金を要求した結果

つぶやき
スポンサーリンク

知らないAmazon Musicの利用履歴が…

確定申告のため、ネットでクレジットカードの履歴を見ていたら、『Amazon Music』というまったく利用していない請求が…。

以前に「Amazon Music Unlimited」1ヶ月無料を試した記憶があったので、それしか考えられません。

期待してたほどコンテンツが多くなかったので、そのときすぐに(1ヶ月以内に)解約したつもりでしたが。

手続きがうまくいってなかったか、解約を忘れていたか、おそらくそのどちらかでしょう。

ネットで検索してみると、「全額返金してもらった」という情報もチラホラ。

…というわけで、アマゾンさんに問い合わせてみることにしました。

Amazonへの問い合わせ方法

はじめから「メール」での問い合わせはできないようです。
まずは「電話」「チャット」のどちらかでの問い合わせが必要。

Amazonの画面の左上の「すべて」をクリック。

「ヘルプ」を選択します。

「amazon.co.jp/contact-us」をクリック。

電話で問い合わせるため「こちら」というところをクリックします。

「デジタルコンテンツ」を選択。

「お問い合わせ内容」をリストの項目から選択します。

「電話」をクリック。

スポンサーリンク

電話での会話の内容

電話はすぐに担当のかたにつながりました。

Amazonのページからの電話をコールしたので、こちらのアカウント情報を伝える必要もなく、すぐに本題に入ることができました。

用件を伝えると、担当者の調べてくださった履歴から、2020年8月に利用を開始していることが判明。

無料の1ヶ月を除くと、780円/月の16回で、計12,480円支払っていたことになります。

無料期間以降は一度も利用していないので、払い戻しを要求しましたが、それはできないとのこと。

「こちらは利用できる環境を提供している」というのが先方(担当者)の言い分のようです。

つまり、実際に利用しているかどうかは「お客さま次第」というわけ。

おそらくそれがアマゾンさんのマニュアルなのでしょうね。

ダメもとで交渉

ここで態度を一変。不機嫌そうな声色に変えてみました。

もちろん演技です。

(正直、この時点で返金はあきらめています。)

:「利用していない履歴は残ってるんですよね!」

担当者:「一度利用されているので…。」

私が利用したのは無料期間のみ。(1曲か2曲。)

有料になってから一度も利用していません。

会話の内容から察するに、コンテンツを一度も利用していなければ「返金が可能」ということなのでしょう。

おそらくそこが返金できるか否かの分かれ目。

(無料期間中に)「試しに…」という感じで、1度か2度クリックしてしまったことが悔やまれます。

最後にダメもとで…(さらに低いトーンで…)

:「有料に切り替わったあと利用していないことは、履歴から分かってるんですよねぇ…」

担当者:「ちょっとお待ちください。」

(待つこと2分ほど)

担当者:「最後の12月支払い分(780円)なら返金ができます。」

>>それで折り合いをつけてください、ということでしょう。

:「分かりました…。」

(通話終了)

スポンサーリンク

結論

780円だけでも返金されたのは、最後の最後に粘った成果ですが。。

ちなみに、解約の手続きは担当者がやってくれるとのことで、電話を切ってすぐに確認をしたら、すでに解約の手続きが終わってました。

まぁ、「1ヶ月無料」などというものには、軽はずみに手を出さないことですね。

勉強になりました。

タイトルとURLをコピーしました