AG03の音声モニターのbluetooth化に失敗…とそのワケ

ガジェット・小物
スポンサーリンク

現在、動画音声の収録の際に使用しているYAMAHAのオーディオインターフェース「AG03」です。

片耳イヤホンをモニターとして使っていますが、ケーブルがしばしばヘッドウォーンマイクと絡まってしまいます。

マイクのケーブルは仕方ないとして、イヤホンを無線化できればかなり使い勝手がよくなるはずです。

…というわけで、bluetoothトランスミッターを購入。

UGREEN製、価格は2千円くらい。

いろんなタイプのものを物色してはみたものの、結局、本体の大きさで選びました。(←やっちゃダメな選び方でした。)

FCCおよびCEの認証も問題なしの製品です。

トランスミッターとbluetoothイヤホンのペアリングを済ませ、オーディオインターフェースのミニプラグに挿す。

この状態で音声の収録をやってみたところ、
…結果ダメでした。

詳しいかたなら理由をなんとなく察してもらえますよね。

そう、「遅延」です、それもかなりエグい^^;

「AACに対応してるからまぁ大丈夫だろう」と、安易に選んでしまいましたが。(APTXには非対応)

やはりなかなか難しいんですねー。

正直、遅延の原因はイヤホン側にあるのかもしれませんが…。

私はモニターのbluetooth化はこれで諦めます。

(他のイヤホンも何種類か試してみたくて、追加で2台目のペアリングをしようしたところ、うまく繋がってくれませんでした。)

トランスミッターなんて他に流用するとしても、テレビか古いスピーカーくらいにしか用途はありませんからね。

同じようなことを考えているかたは十分にリサーチしてから機器を揃えるとよいかもです。(たぶん価格の安いトランスミッターを選んじゃダメ。)

タイトルとURLをコピーしました