キーボードの引っ掛かりをグリースで解消【K275/K270】

PC・周辺機器

キーに不具合を感じるようになったキーボードは、ロジクールの『K275』です。

無線の繋がりやレスポンスが良く、安価ながら重宝していたワイヤレスキーボードです。


使用し始めて半年ほど過ぎたころ、いくつかのキーが引っ掛かるようになってしまいました。

特に、ショートカットキーとして使用頻度の高い「Ctrl」は、キートップの中央を狙って押さなければキーが沈み込まない状態に…。

個体差もあると思いますが、キーの構造上、摩擦によるこのような不具合は、メンブレン式のキーボードにはあるあるです。

グリースを塗れば引っ掛かりがなくなるという情報を得て、とりあえずその方法を試してみることにしました。

使用したグリースは、Amazonにて購入した「KITAKO(キタコ)」のシリコングリス。

内容量は5グラムと、量はかなり少ないです。

(写真では大きく見えるかもしれませんが、チューブは鉛筆の半分くらいの大きさしかありません。)

たくさんの量を多用途で使いたい人は、もっとコスパのよいグリースもあるようです。


まず、引っ掛かりの不具合がある「Ctrl」キーを取り外します。

本体と接している部分の4辺に、楊枝を使ってグリースを薄く塗ります。

あとは元どおり本体にハメ込むだけです。

キートップのどの部分を押しても引っ掛からないようになりました。

ただ、グリースの粘度の分、キーの打感がほんの少し重くなってしまうのは難点。

キーの打感が変わってしまうのが気になる人は、スプレー式のものを使うとよいみたいです。

(*ちなみに量販店でよく見かける『5-56』は金属用の潤滑油なので、プラスチックへの使用は不可。)

タイトルとURLをコピーしました