WordPressのバージョンダウン【AddQuicktagの不具合への対処】

WordPress

WordPressのビジュアルエディターにそれまで表示されていた『AddQuicktag』が消えてしまいました。

この記事は、『AddQuicktag』を再び表示させるための対処法の一つです。

症状

『AddQuicktag』は、あらかじめ登録してあるタグやコードを、記事作成の際に簡単に呼び出すことができる便利なプラグインです。

記事を頻繁に更新する人には必須ツールですが、

これがWordPress5.6へのアップデートのタイミングでビジュアルエディターから消えてしまいました。

ちなみに使用テーマは『Cocoon』です。

テキストエディターには表示されているので、ビジュアルエディターに見えるようにするための対処法です。

キャッシュの削除など、ネットに上がってる方法はひと通り試してみましたが、どれも上手くいきませんでした。

WordPressのダウングレード

WP Downgradeをインストールする

上の画像のとおり、基本的にはバージョンダウンはできない仕様です。

まず『WP Downgrade』というプラグインをインストール→有効化します。

WP Downgradeを設定する

初期状態では、最新のWordPress5.6になっています。

一つ前のバージョンの「5.5.3」に書き換えて、「変更を保存」を押します。

更新の画面に戻ると、「5.5.3」が再インストールできるようになります。

前のバージョンが無事に戻ってきました。

投稿の画面に入りビジュアルエディターにすると、元どおりに「Quicktags」が表示されるようになっていました。

Advanced Editor Toolsのダウングレード

『Advanced Editor Tools』(旧:「TinyMCE Advanced」)は、投稿編集画面のツールバーにいろいろな機能を付与してくれる、便利なプラグインです。

ダウンロード

WordPressを前のバージョンに戻したため、こちらもダウングレードするようにと、編集画面に警告が出ています。

「古いバージョンのプラグイン」を押す。

前のバージョンの「5.5.0」を選択する。

これで、パソコン上にダウンロードされます。

古いバージョンのインストール

プラグインの画面上で、「新規追加」→「プラグインのアップロード」を押します。

「ファイルを選択」から、パソコン上にダウンロードされた『tinymce-advanced 5.5.0』を開きます。

「今すぐインストール」を押し、次の画面でバージョンを確認したら、
「アップロードしたもので現在のものを置き換える」を押します。

ダウングレード完了。

元どおりに表示されるようになりました。

WordPressのバージョンを再び最新バージョンにもどす方法

プラグインとの互換性やセキュリティーのことを考えると、いつまでも古いバージョンを使い続けることはできません。

任意のタイミングでいずれ最新バージョンに更新する必要があります。

その方法については以下の記事で。

さいごに

前述のとおり、ダウングレードはリスクも伴うので、できれば実践したくない対処法です。

WordPress 5.6に対応できてないのは、プラグインなのかテーマなのか、原因は定かではありません。

アップデートの状況を見ながら、なるべく早期に新しいバージョンに戻そうと管理者は思っています。

ちなみに、「WordPress 5.6にアップデートしてください」の通知は来なくなるので、
新しいバージョンに戻す場合も『WP Downgrade』を使用します。

 

タイトルとURLをコピーしました