WordPressを仕方なく最新Ver.にもどした話【つぶやき】

つぶやき

WordPressをバージョンダウンしていましたが、とうとう最新バージョンにもどすことにしました。

そもそも、バージョンダウンするに至ったのは、WordPress5.6のマイナーアップデートの際にビジュアルエディターから消えてしまった『AddQuicktag』を復活させるため。
(→アプデをキャンセルする方法は以下の記事で。)

この1ヶ月半のあいだ、管理画面は下の画像のような状態でした。

WordPressが古いバージョンなので、互換性のことを考えると迂闊にプラグインの更新もできません。

正直、管理画面にこの表示をそのまま放置しておくのは、あまり気持ちのよいものではない。

実際、『AddQuicktag』はビジュアルエディターからは消えてしまったものの、テキストエディターにはしっかり表示されています。

結局、WordPressを最新バージョンにもどすことにしました。

ただ、一度バージョンダウンをしてしまったため、ダッシュボードでは古いバージョンのほうが「最新」と誤認識されてしまっています。

これを、再び『WP Downgrade』を使って、もとの表示にもどします。

「設定」から「WP Downgrade」を開きます。

画像で使用しているバージョンは「5.6」ですが、最新は「5.6.1」です。

(実際は「5.6」→「5.5.3」にバージョンダウンしていました。更新を止めているあいだにメンテバージョンがリリースされていたようです。)

「WordPress Target Version」の欄を最新のバージョン番号に書き換え、「変更を保存」をクリックします。

ダッシュボードが最新のバージョンを正しく認識してくれました。

ここからアップデートを実行する手順は、通常と同じで画面の指示に従うだけです。

『AddQuicktag』はまたビジュアルエディターから消えてしまいましたが、

更新を促す通知が消え、とりあえずはスッキリです。

タイトルとURLをコピーしました