チェックが反映されない不具合への対処【AddQuicktag】

WordPress

『AddQuicktag』は、よく使うタグを保存し、ビジュアルエディター上で簡単に呼び出すことができる、便利なプラグインです。

2~3日前に、おそらくWordPressのバージョンが5.7.2に変わったタイミングで、
ビジュアルエディターにこのプラグインが表示されなくなってしまいました。

不具合の起こったきっかけ

AddQuicktagの管理画面でタグを修正したのが、そもそものきっかけでした。

確認してみると、チェックがすべて外れています。

そこで、改めてすべてにチェックを付け、『設定を保存』を押してみると…

「設定を保存しました。」と表示されるものの設定は反映されず、すべてのチェックが外れてしまいます。

これではビジュアルエディターに表示されるはずがありません。

運営している他のサイトでは、「Quicktags」が正常に表示されています。
設定画面のタグを書き換えたときだけ、この不具合が発生するようです。

WordPressのバージョンダウンで対処【失敗】

以前にも似たようなトラブルがあり、そのときはWordPressのバージョンダウンで対処したため、まずは同様の操作をやってみました。

結果、この方法で不具合を解消することはできませんでした。

今回はプラグインの方をバージョンダウンしてみることにします。

AddQuicktagのバージョンダウン【解決しました】

「プラグイン」の一覧から、『詳細を表示』をクリックします。
(現在のバージョンは、「2.6.0」)

『WordPress.org プラグインページ』をクリック。

次に『詳細を表示』をクリック。

詳細が表示されたら、ページ最下部の「以前のバージョン」を確認します。

1つ前のバージョンは「2.5.3」なので、選択してダウンロードします。

WordPressの管理画面にもどり、『新規追加』から、『プラグインのアップロード』をクリック。

先ほどダウンロードしたzipファイルを選択し、『今すぐインストール』をクリック。

下の画面が表示されたら、バージョンを確認してから『アップロードしたもので現在のものを置き換える』をクリック。

ダウングレードが完了しました。

プラグインのページで、以前のバージョンにもどっていることを確認。

再び、AddQuicktagの管理画面でチェックを付けると、今回は無事に変更が反映されました。

いずれ、「AddQuicktag」の開発者のかたが対処されるでしょうから、
しばらくはこれで様子をみることにします。

最後に、プラグインのアップデートが自動でおこなわれないようにするために、
「自動更新を無効化」しておきます。

その後

「AddQuicktag」のアップデートが公開されていたので(不具合から2日後)、
最新バージョンに更新してみたら、チェックが反映されるよう、不具合が修正されていました。

タイトルとURLをコピーしました