流れる文字列を簡単に挿入できるWordPressプラグイン【Simple Ticker】

WordPress

Simple Ticker』は、動く(流れる)文字列Tickerティッカー)を挿入することができるWordPressプラグインです。

(ある程度細かい設定も可能ですが…)
シンプルに設置するだけなら、難しい操作は一切不要

特に初心者のかたにはおススメしたいプラグインです。

プラグインのインストール

プラグインから「新規追加」をクリックします。

右上の検索窓に『simple ticker』と入力し、「今すぐインストール」をクリックします。

有効化」をクリックして、インストールは完了です。

流れる文字列の設定と挿入

設定』の「Sinple Ticker」から、「独自のティッカー」を開きます。

動かしたい文字列を挿入し、文字の色を選択します。

リンクのURLを入力しておくと、文字列をクリックしたときに、該当のページまで飛んでくれるようになります。

動かしたい文字列の設定は以上です。

次に、設定した文字列をサイトに挿入する2つの方法です。

方法1:ショートコードで挿入

使い方」を開き、以下の部分をコピーしておきます。

あとは、コピーしたショートコードを固定ページや記事内の任意の場所に挿入するだけです。

流れる文字を挿入できるWordPressプラグイン『Simple Ticker』

↑↑↑
このように動く文字になります。

方法2:ショートコードを使わず決まった場所に挿入

ティッカーをサイトや投稿に常に表示させておきたい場合は、ショートコードを使わず、
管理画面の「設定」のみで挿入できます。

ブロックまたはショートコードを使用せずに挿入」を開き、
挿入したい場所にチェックを付けます。

いちばん下にある「変更を保存」をクリックして完了です。

ちなみに「冒頭」とは、サイトロゴの上部です。

その他の設定

『独自のティッカー』から、
文字列は「ティッカー1」「ティッカー2」「ティッカー3」の3種類設定することができます。

先ほどのショートコードを挿入すると、以下のような動作になります。

流れる文字を挿入できるWordPressプラグイン『Simple Ticker』
流れる文字を挿入できるWordPressプラグイン『Simple Ticker』
流れる文字を挿入できるWordPressプラグイン『Simple Ticker』

 

ティッカーのスタイルをさらに細かく設定したい場合は、ショートコードに属性を追加していきます。

属性の追加方法は『使い方』で確認できます。

速度調整もできますが、デフォルトはかなり遅いので、
(どのくらいが普通なのかは知りませんが…)
私の場合はいつもいちばん速く設定しています。

以上、
流れる文字列を簡単に挿入する方法
でした。

タイトルとURLをコピーしました