画像の背景を透明にする方法【透過PNG】

Windows PC

Microsoft Wordなどのソフト上や、ブログなどのウェブ上で、イラストやロゴなどの画像を処理する際に、背景がじゃまな場合があります。

Word/Excel/PowerPointで画像を背景なしにする

ワード、エクセル、パワーポイントなどのソフトを使って画像(図や写真など)を編集する際に、複数の画像を組み合わせたい場面があります。

【まずはじめに…】
挿入した画像は、画像を選択した状態で、「書式」→「文字列の折り返し」→『前面』または『背面』にし、あらかじめ自由に移動できる状態にしておく必要があります。

白い背景を消す

はじめから『透過PNG』という形式の画像ならば、2つの画像をきれいに重ねることができるのですが、
ふつうの画像の場合、白い背景が残ってしまいます。

この白い背景を消すために、画像を選択した状態で、「書式」→「透明色を指定」を選択。

白い背景の部分をクリックします。

すると、背景が消えて画像のみになり、きれいに重なった画像が完成です。

 

背景なしの画像を保存もできる!

あとあとの手間を省くために、『透過PNG』という背景なしの形式で保存しておくことができます。

ただ、「図として保存」で画像を保存してしまうのはNG。

これでは背景あり(白)の状態でまた保存されてしまいます。

背景なしの状態で保存をするにはひと手間必要になります。

画像をペイント3Dにコピペで編集する

ここからは『ペイント3D』というWindows標準のソフトを使い、『透過PNG』という形で保存する方法です。

まず、先ほどの画像を右クリックで「コピー」をしておきます。
(*または「Ctrl」+「C」でコピー。)

次に「ペイント3D」を開き、「新規作成」を選択。

ペイント3Dの編集画面が開かれたら、画面上の『キャンバス』のタブを選択し、『キャンバスを表示する』と『透明なキャンバス』をどちらも「オン」にしておきます。

キャンバス内(画面の中央付近)にカーソルを合わせて右クリックし、先ほどコピーしておいた画像を貼り付けます。
(*または「Ctrl」+「V」で貼り付け。)

画像が貼り付けられた時点で、背景なしの画像(透過PNG)になります。

ただ、このまま保存してしてしまうと、画像に対して背景のエリアが大きすぎるので、背景(キャンバス)を適当な大きさにします。

キャンバスのサイズを調整する前に、「縦横比を固定する」「キャンバスでの画像のサイズ変更」の説明から。

ここでの目的は「キャンバスのサイズだけを変更する」ことですから、ここではそれぞれのチェックマークははずしておきます。
(*ピクセルで数字を入力して調整する際も同様。)

4隅のマークをドラッグして、キャンバスを小さくします。

キャンバスを適当な大きさにすることができたら、画面左上の「メニュー」から「保存」をクリックします。

任意のファイル名を入力し、保存すれば透過PNGが完成です。

この方法だけではできないケースもあります

実は、ここまでの方法では背景だけを消すことができない場合があります。

【例】白い帽子を重ねたいとき

先ほどと同じように背景に透明色を指定すると、帽子が透けたようになってしまいます。

残念ながら「透明色を指定」は、背景として正しく認識しているわけではなく、単に白い部分を透明にするだけなのです。

ですから、白い塗りつぶしのある画像の場合は、初めから『透過PNG』として保存してあるものを挿入する必要があります。(→次へ)

ペイント3Dだけで透過PNGを作成する

では次に、白い塗りつぶしのある画像の、背景だけを透明にする方法です。

『ペイント3D』を使って透過PNGを作成します。

上記の理由はもちろんですが、ウェブ上で画像を扱う場合にも、背景なしの画像が必要となることは当然あります。

《例》このサイトのヘッダーロゴの場合

【背景あり画像】…✕

【背景なし画像】…◯

わざわざワードなどのソフトを起動させなくても、ペイント3Dだけで編集/作成したほうが手間が少ないというのも理由のひとつです。

エクスプローラーから、対象の画像ファイルを右クリックし、ペイント3Dで開きます。

ペイント3Dが起動したら、まず「マジック選択」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

次の画面で、透明にする部分とそうでない部分を選択します。
(*下の画像では、まだ、帽子の内部が透明な状態。)

帽子の内部は、白く塗りつぶした状態で色を残したいので、『追加』(鉛筆のマーク)をクリックし、色を残したい部分を斜めに横切って選択します。

残念ながら、一度ではうまくいきませんでした。

この場合は、『追加』(色を残したい部分)と『削除』(透明にしたい部分)を使って、部分的に手直しをしていきます。

何度やってもうまくいかない場合は、『戻る』をクリックしていったんリセットし、初めからやり直すとアッサリとうまくいく場合があります。

下の画像のようになればOKです。『完了』をクリックします。

キャンバスのなかから帽子の画像だけを切り取った状態になるので、画像の上にカーソルを置いて右クリックし、画像をコピーしておきます。

ペイント3Dの編集画面は開いたままで、新たに別ウィンドウでペイント3Dを『新規作成』で起動します。

同じ画面上の『メニュー』から『新規作成』を開くこともできますが、次に移る際に「保存する」「保存しない」の選択を要求されます。
別ウインドウで開く理由は、コピーが失敗していたときのことを考え、プロジェクトはそのまま残しておくためです。

ここからの手順は、ワードやエクセルなどからコピペする場合と同じですが、再度おさらいを。

画面上の『キャンバス』のタブを選択し、『キャンバスを表示する』と『透明なキャンバス』をともに「オン」にしておきます。

キャンバス内にカーソルを置いて右クリックし、コピーしておいた画像を貼り付けます。
(*または「Ctrl」+「V」で貼り付け。)

画像に対して背景のエリアが大きすぎるので、背景(キャンバス)を適当な大きさに調整します。

キャンバスのサイズを調整する前に、「縦横比を固定する」「キャンバスでの画像のサイズ変更」のチェックマークをはずしておきます。

4隅のマークをドラッグ → キャンバスを小さくします。

キャンバスが適当な大きさになったら、画面左上の「メニュー」から「保存」をクリックします。

任意のファイル名を入力し、保存して完成です。

以上、
Windowsの標準ソフトのみで透過PNGを作成する方法でした。

タイトルとURLをコピーしました