日付の西暦(年)を一括で変換する方法【Excel】

Windows PC

日付の西暦(年)の部分だけを、一括で変換する方法です。

もともと、日付に西暦を表示させるかどうかは、「セルの書式設定」によって設定することができます。

表示させる設定にしている場合には、そのセルに日付だけを入力した際に、その時点での西暦(現在の西暦)も自動で入力されます。

ただ、確定申告など昨年のデータを入力する場合には、前年の西暦を手入力しなければならなくなります。

この記事で紹介するのは、いったん現在の西暦のまま入力し、それをあとから一括で変換する方法です。

西暦(年)を一括で変換する【置換】

まず、西暦の部分だけを変換したいセルを選択します。

以降の例は、『2021』の部分をすべて『2020』に変換する操作です。

「ホーム」>「検索と選択」>「置換」をクリックします。

「検索と置換」のダイアログが開いたら、

「検索する文字列」に「2021」(もとの値)、

「置換後の文字列」に「2020」(変換後の値)を入力します。

「すべて置換」をクリックすると、値がすべて「2020」に変換されます。

置換したセルの数(件数)にまちがいがないか、最後にしっかり確認をします。
タイトルとURLをコピーしました