【Logicool C920】ピントが合わなかった悩みが解決

PC・機器・ソフト
スポンサーリンク

 

『C920』(ほかC920n,C922nなど)は、ゲーミングデバイスなどの製造メーカーとして人気の高いLogicool(ロジクール)製のウェブカメラです。

もう8年ほど「ウェブカメラ用」「講義の撮影用」として、同機種を別々の場所で2台使用しています。

このうち「講義の撮影用」のほうが、長年にわたってある問題を抱えていました。

それは「綺麗にピントが合わない」こと。

今回は、その問題点がわりと簡単は方法で解消された、という話です。

本題への前置き

先に方法を言っておきますが、「ズーム機能を使用しないようにする」という、バカバカしいくらい単純な対処法です。
わざわざ記事にしたのは、今まで(今でも)ネット上に、欲しかった対処法が見当たらなかったからです。

スポンサーリンク

ピントが合わない原因は?

まず「ウェブカメラ」として利用する場合は、もちろんピントはしっかりと合ってくれるんです。

当たり前です、C920はそもそもが「ウェブカメラ」なんですから。

だけど「講義の撮影用」のほうは、ズームなどの設定をどう弄っても「ピンぼけ」のような映像になってしまいます。

 

講義を撮影する場合には、被写体からかなり離れた場所に「C920」を配置しなければなりません。

おそらく「焦点距離」が用途に合わないのが原因かな?

(しかしこの認識がズレていたことに、あとあと気づくことになります。)

 

結局、ピンぼけについては半ばあきらめて(割り切って)、これまでウェブカメラビデオカメラデジカメ、と併用してきました。

ふとしたことから解決

私の場合、講義を撮影するときは、ホワイトボードの目の前にはたくさんの机・イス、という状況。

撮影機材の設置場所を確保するのには、いつもひと苦労です。

ただ、最近のビデオカメラは昔と比べると、かなり広い範囲を(広角で)撮影できますから、どこに置いたって、ズームを使えば画角を簡単に調節できるんですよねー。

 

実は「C920」にもビデオカメラと同様に、「ズーム」の機能が搭載されています。(専用ソフトウェアのインストールが必要。)

つまり、ネット配信などのときにズームで画角を調整すれば、背景の見せたくない部分をムダに映し出さなくてすむ、ってこと。

講義を撮影するときにも、この「ズーム」機能をフル活用していたわけです。

ある日、私は配信用の動画を撮影するために、ビデオカメラの設置作業をやっていました。

そのとき、ズームで画角を調整しながら、ふと本体レンズを覗き込んでいると…、

レンズが動いているのが見えますね、当然です、光学式なんですから。

そもそも勝手に切り替わらないように、デジタルズームはいつもOFFにしてますし。

・・・ん?・・・んんん?!

(ここであることに気づく。)

 

「あれ?!そういえばウェブカメラ (のレンズ) って動いてたっけ?」

(これを読んでくださってるかたはもうお気づきですね。呆れてしまわずもう少しだけお付き合いください…。)

 

もちろんレンズは動いてなんていませんよ、そんなこと私も知ってました。

スポンサーリンク

実はね、対処法はたったこれだけだったんです。(↓)

『ズームをOFFにし、画角はカメラ位置(前後)だけで調整する』

 

もぅ!目からウロコですよ、光学式ではなかったんです。

ピントが合っていなかったわけじゃない!

デジタルズームで引き延ばしていたから映像がボヤケてたんです。

パソコン上のソフトであることをすっかり忘れ、カメラの液晶画面の感覚で操作してたんですねー、きっと。

映像が綺麗にハッキリと映し出されたときは、正直カンドーで涙出そうでした。

まったく…、今までどうして気づかなかったんだろう・・・。

(なんなら光学式ではないことも、体感的に分かってはいたんです。)

 

…というわけで、「C920」のピンぼけ(ピンぼけではなかったけど)の不具合が、ひょんなことから解決した話でした。

おぅふ、やってしまった、もう少し早く気づいていればビデオカメラは買わずに・・・

でも記事ネタになってくれたんで、まぁよしとします( ノω-、)クスン

私のことがかわいそうだと少しでも思われたかたは、こちらの記事もどうか読んでやってくださいね。(↓)

タイトルとURLをコピーしました