サブドメインを追加する手順【mixhost】

収益化

mixhost』(レンタルサーバー)の管理画面内でサブドメインを追加し、
WordPressをインストールするまでの手順です。

cPanelでサブドメインを追加

cPanel』(サイト管理者用のコントロールパネル)にログインします。

ドメイン』にある「サブドメイン」をクリックします。

サブドメインを設定する画面が開きます。

上のように入力した場合、新しいサブドメインのURLは、
「https://blog.●●●.com」のように形になります。
(※「●●●.com」の部分は、親になるメインのドメイン名)

①サブドメイン

新しく作成するサブドメイン名のみを入力します。

②ドメイン

サブドメインの親となるメインのドメインを選択します。

③ドキュメントルート

サブドメイン名が自動で入力されるので、設定しなおす必要は特にありません。

ドキュメントルート」は、サイトを構築するための情報を収めるフォルダを作成する欄です。新しく追加するサブドメイン用のフォルダは、「public_html」フォルダ内に自動で作成されます

最後に「作成」をクリックします。

サブドメインの追加が完了です。

次に、サブドメインにWordPressをインストールします。

cPanelのホーム画面に戻ります。

WordPressをインストール

ここからは、独自ドメインに新規でインストールする手順と同じです。

SOFTACULOUS APPS INSTALLER』の「スクリプト」の項目にある
WordPress」をクリックします。

WordPressの紹介画面が表示されるので、
今すぐインストール」(または「Install Now」)をクリックします。

すぐにセットアップ画面が表示されます。
(※インストールはまだ開始されていません。)

①プロトコルの選択

暗号化された(安全性の高い)『https://』を選択します。

※「https://」が選択できない場合は、SSL認証なしの「http://」を選択。

「https://」を選択した場合、下の画像のように「信頼できるSSL認証は発見されませんでした。」という表示が出ることがあります。

発行に時間がかかることがあるので、この場合は登録の作業をストップし、しばらく待機してから再度おこなえば大丈夫です。

(※私の場合は5分ほどで表示されなくなりましたが、数時間かかることもあるようです。)

②ドメインの選択

cPanelで先ほど追加したサブドメイン『blog.●●●.com』を選択します。

サイト名」「サイトの説明」は、すでに決めているのであれば入力します。
WordPressの管理画面であとから設定することもできるので、スルーしても大丈夫です。

マルチサイトを有効にする』のチェックは外しておきます。

次に、『管理者アカウント』の入力欄に進みます。

③Admin Username

WordPressでのユーザー名(管理者名)です。

メインのドメインの管理者名と同じで構いません。

上の画像ではデフォルトの『admin』になっていますが、
『admin』をユーザー名としてそのまま使うのは絶対にNGです!

④Admin Password

WordPressの管理画面を開くためのパスワードを設定します。

自動で生成されているパスワードをそのまま利用するのもアリです。
(※パスワードを紛失すると、管理画面が開けなくなってしまうので、メモは必須です。)

⑤管理者Eメール

ふだんよく使用しているメールのメールアドレスを入力します。

その他

更に下に進み、最後の設定です。

  • 『Select Plugin(s)』
    >>最初にインストールしておくプラグインを選択します。
    (※あとから追加や削除ができます。)
  • 『アドバンスドオプション』
    >>デフォルトのままでOKです。
  • 『テーマの選択』
    >>あとから選択や変更ができるので、何でも構いません。

いちばん下にある、『インストール』をクリックして、WordPressのインストールが開始されます。

無事にインストールが完了しました

確認のため、『管理者URL』からサブサイトの管理画面を開いてみます。

WordPressのダッシュボード(管理画面)が表示され、
サブサイトへのWordPressのインストールが正常におこなわれたことを確認できれば、サブサイト追加の作業のすべてが完了です。

タイトルとURLをコピーしました