AT2020USB+は今が買いでしょ!【audio-technica】お手軽&高音質

PC・機器・ソフト
スポンサーリンク

当ブログは収益を目的としたアフィリエイト広告およびアドセンス広告を使用しており、記事内にそれらの広告が含まれる場合があります。

audio-technica(オーディオテクニカ)のコンデンサーマイク「AT2020USB+」

また買ってしまった~~

ずぅーっと欲しかったヤツです、必要かどうかなんて もはやどうでもいい。

だって1万円を切ってるんだもの・・・

過去最安じゃね?!

そんなわけで…、こちら ゆるーくレビューしていくことにします。

『AT2020』って?

AT2020シリーズについて軽~く説明をすると…

今さら説明なんて
需要あんのか?!

メインであるXLRモデルは、2021年までの累計出荷台数が100万台以上

2006年から販売されているマイクですが、未だ 全世界で根強い人気を誇っています。


そしてワタクシが今回購入したのはUSBモデル

こちらは2014年からの販売です。


XLRモデルUSBモデルのちがいを簡単に表すとこんな感じ。(↓)

XLRモデル

オーディオミキサーを介してパソコンやスピーカーなどに接続。

【メリット】
いろんな方法で利用できる。
(=汎用性が高い)

USBモデル

USBケーブルでパソコンにそのまま接続。

【メリット】
マイク本体以外の機器が不要。
(=お手軽)


NEW USBモデルのほうは「AT2020USB-X」という新機種が販売されており、こちらも売れ行きは好調。


そして今の市場価格はこんな感じになってます。

XLRUSB+【旧】USB-X【新】
メーカー価格12,980円18,568円19,580円
4月の市場価格11,800円9,400円17,800円
*「4月の市場価格」はAmazonでの販売価格で表記しています。(ポイント還元は含まず。)

旧モデルの値下げは「在庫処分」かもよ

USBの旧モデルに決めた最大の理由は、もちろん価格です。

ずっと欲しかったけど高くて買えなかったマイクが、希望小売価格の半額ですからね、
そんなん買うに決まってます。

あとは…、正直なところ オーディオインターフェース使って音質を調整するのに もう疲れた、っていうのもある。

音質の調整をやり始めて
気づいたら2、3時間経ってた
…なんてことが よくあるんですよね

パソコンに接続するだけで、調整せずともはじめから高音質ならば、それに越したことはナシ!

スポンサーリンク

USBの新/旧モデルを比較

XLRモデルはひとまず置いといて、USBモデルの新/旧だけを比較してみると…(↓)

USB+【旧】USB-X【新】
発売日2014年11月19日2022年09月02日
システム仕様USB1.0または2.0USB2.0準拠
対応OSWindows Vista/7/8,Mac OS X
(※当時の現行OSです。)
Windows 8.1、Windows 10、Windows11
macOS Catalina、macOS Big Sur、macOS Monterey
型 式バックエレクトレット・コンデンサー型バックエレクトレット・コンデンサー型
指向特性単一指向性単一指向性
周波数特性20~20,000Hz20~20,000Hz
電 源USB電源(DC5V)USB電源(DC5V)
出力コネクターUSB Type-BUSB Type-C
ビット数16bit16bit/24bit
対応サンプリング
周波数
44.1/48kHz44.1/48/88.2/96kHz
コントロールヘッドホン音量調整、
ミキサー調整
ヘッドホン音量調整、
ミキサー調整、ミュート
ヘッドホン
出力端子
φ3.5mmステレオミニジャックφ3.5mmステレオミニジャック
質 量386g373g
外形寸法φ52×162mmφ52×142mm

まず 仕様表には書いてありませんが、旧モデルはWindows10でも問題なく使用できてます。

Win10のリリースは2015年だよ
記載がないのは まぁトーゼンよね

新/旧モデルのいちばんのちがいは、サンプリングレートが新モデルでは24bit/96kHzになった、ってところでしょうか。

音質がよりクリアになった、ってことですね

YouTubeで探せば、音質の比較動画は すでにたくさんアップされてます。

でもね、ハッキリ言って、新/旧モデルの音質のちがいなんてほとんど分からーん!!

…で、 安くなってたUSB接続の旧モデル購入に至ったわけ。

ナレーションとかなら旧モデルで十分よ

ただし、用途が歌の収録とかであれば、迷わず新モデルを購入したほうが吉。(←誰かが言ってた。)

音声を収録してみたのでどうぞ。(↓)

もっとハッキリ喋ったほうがイイんじゃね?

オーテクの大人気モデルですから高音質なのはまちがいないとして。

ホワイトノイズがほぼゼロなのがスゴイね。

A/Dコンバーターが超優秀ってこと

開封!

せっかく写真を撮ったんで…

紹介いっとく?


化粧箱とケース、、高級感♪

緩衝クッション入りの分厚いポーチ


フロント

クリックで拡大表示

バック

クリックで拡大表示

本体の質感ヤバい。

写真で伝わるかは分かりませんが
重量もわりとズッシリです

漆黒の・・・


付属品(*左から USBケーブル、専用マウント、三脚)


中の金具を…

取り外せば…

普通のスタンドにも大丈夫♪

金具を別途購入する必要はなし


三脚はバランス悪すぎ。すぐ倒れる。いらない。

結局 三脚は使わずにアームに取り付けてます

さいごに

これから音声収録、マイク購入を検討されているかたへ。

過去にこんな記事を書きはしましたが…(↓)

記事 【マイク音質比較】間違いだらけのマイク選び

ワタシはなにも 望んでこうなったわけではございません。

「安くて音質の良いマイクを探そう!」

そんなこと言ってるうちに、いつの間にか自分にとって中途半端な音質のマイクだらけ。

いつまで経っても満足感が得られず、「もっとイイ音質を…」って思考になっちゃうんですよね。

あーね

…そんなことになりたくないかたは、このマイク、値引きやってる今が”買い”ですよ。

2023年5月13日(土)まで
Amazonで15%クーポンを出してますよ

ワタシが買ったときよりもさらに安いとか・・

タイトルとURLをコピーしました