受験校の選択方法と注意点【高校入試】

教育メモ
こちらは中学生のお子さんをもつ親御さんに読んでほしい記事です。

今回は受験校の選択の方法について。

いくつかポイントがありますので、そちらを紹介していきます。

進学系と職業系のどちらの高校を選択するのか?

受験希望高校を選択する上で、ここがまず大きな分岐点です!

模試や実力テストの結果で「自分の実力で合格できる高校」を選択してしまいがちですが…。

ただし、以下の点は考慮してほしいところです。

進学系の高校は「大学への進学」が目的です

  大学に進学するための知識や学力を身につける高校です。

もちろん大学進学が前提ですから、職業資格を取得することはできません。

もし就職を選択する場合は、専門学校などで一から学びなおす必要があります。

職業系の高校は「職業資格の取得」が目的です

  就職に必要な資格を在学中に取得するための高校です。

もし大学への進学を希望するならば、大学の選択肢が極端に狭まってしまいます。

指定校推薦枠も、少数の成績上位者で争うことになります。

まとめると…

将来のことがまだ定まっていない中学生も、おそらく多いのではないでしょうか。

その場合、偏差値ボーダーラインなどで受験校を選択するのもアリです。

ただ、進学系か職業系か、その選択次第では就職までの道のりが遠回りになってしまう可能性があることだけは、十分に理解しておかなければなりません。

「合格できるかどうか」より、まずは「進学か就職か」をよく考えてください!

子どもの「学力レベル」と高校の「偏差値レベル」について

受験校を選択する上で次に考えなければならないのは、「どの高校なら充実して過ごせるか」ということでしょう。

その高校でのテストの成績で「中位以上」が目安です!

(※ここでは「部活動を特にがんばりたい」という例は除外します。)

もちろん高校によって、大学への進学率には大きな差があります。

ですから「充実」とはお子さんのモチベーションの話です。

もし高校での成績が「最下位」という状況ならばどうですか?

いくら気持ちの強い子どもであっても、学習意欲を維持するのは容易なことではありませんよね。

高校進学後の成績に関しても、ある程度の見通しは必要だということです。

「余裕をもって合格できる高校」がはたして正解なのか?

中学校で、受験高校決定の三者面談がおこなわれるのは、だいたい11月ごろではないでしょうか。

だとすれば、そこから入試まで3ヶ月はあるわけです。(※私立高であれば2ヶ月ほど)

つまり入試までの期間に、大きく点数を伸ばすことは可能だということ。

また、ギリギリで合格した子でも、高校進学後にぐんぐん学力を伸ばし、中位や上位の成績をとるようになるのは、決して珍しい話ではありません。

ですから中学での成績から、親が子どものポテンシャル(潜在能力)を、あまりに低く見積もるべきではないでしょう。

親は子どもの受験校の選択に対して、感情が入ってしまうことがあります。

そこを冷静にみることができる、学校や塾の先生に意見を聞いてみるのも方法の一つです。

高いレベルの高校にチャレンジしたほうがよい子どもは…?
  • 学力に伸びしろがある
  • その高校に進学したいという気持ちが強い
  • たとえ成績が下位になったとしても、上を目指すガッツがある

受験校を変更する際の注意点

どうしても合格できる見通しが立たなければ、受験高校の変更も考えなければなりません。

受験に対するプレッシャーが大きすぎる子には、合格を確実にするためにその選択も必要です。

ただその場合、子どもに「高校のランクを落とした」という意識を与えてはいけません。

もちろん周りの人間も、決してそのことばを口にしないこと。

受験校を変更したことで、本人だけでなく周りまでも、すでに合格してしまったかのような錯覚に陥ってしまい、勉強の手を緩めてしまう場合がよくあるからです。

そうなれば、よりボーダーの低い高校を選択したことが、逆にマイナス要素にもなりかねません。

子どものメンタル面のケアには、細心の注意が必要です。

最終的に受験校は本人に決定させること

下記のような状況は極力さけるべきです。

  • 子どもの希望のないがしろにして、親の希望のみで受験校を選択してしまう
  • 子どもが決めきれず、最終的に親まかせにしてしまう

お子さんが「学校に行くのがつらい」という状況になった場合を想定すると、言い訳の原因をつくらないことが大切です。

「ホントは自分の行きたい高校じゃなかったのに…」

最悪の場合はそこから高校をやめてしまうことも考えられます。

受験校の選択には、親や学校や塾の先生・友人・先輩などからの情報やアドバイスはもちろん必要です。

しかし最終的な決定は本人に任せるのが妥当でしょう。

「受験校をどうしても決定できない」という状況になった場合

最終的に進路を迷ってしまったときは、本人の直観に委ねるのがいちばんです。

オープンスクールなどで本人が感じた「その高校に対する印象」は、最良の選択に繋がる場合が多いです。

ただ、高校について「人から聞いた情報」と「高校に対する本人の印象」に、差があることもあります。

ですから、各学校の雰囲気を感じることができる、「オープンスクール」や「公開授業」には、積極的に参加したほうがよいでしょう。

おわりに

中学での成績は「先生の教え方」に大きく左右される傾向にあります。

ところが高校に進学すると、先生よりも「本人の学習に対する意識」のウェイトが大きくなります。

つまり「どの学校を選択するのか」ではなく、「進学してから本人がどれだけがんばれるか」にかかっているということです。

ボーダーや偏差値だけで、安易に受験校を決めてしまうべきではありませんよね。

先のことを見据えながら、最後まで何度も親子で話し合って決定する。

そのことが結果的に、「もっとも後悔しない進路選択」に繋がるのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました