プラグインを使ったサイトマップの作成【PS Auto Sitemapの登録】

WordPress

『サイトマップ』とは、ウェブサイト全体を見渡せるようにしたページのことです。

固定ページや投稿ページ,カテゴリーなどが一覧表示されます。

特に、記事数の多いウェブサイトには必須です。

プラグイン(PS Auto Sitemap)をインストールする

サイトマップはタイトルの文字列にリンクをつけるなど、手作業で作成することはもちろんできます。

ただ、頻繁に記事を更新する人にとっては、サイトマップも自動化しておくほうが手間も省けます。

ウェブサイトを訪問してまずサイトマップを開くのは、そのサイトの熱心なファンか自分でもブログを運営している人くらいでしょう。
一般の訪問者の目に触れる機会が比較的少ない要素です。
管理者のこだわりを詰め込む必要のないページですから、プラグインに任せたほうが効率的です。

早速、『プラグイン』の『新規追加』から、検索窓に『PS Auto Sitemap』と入力し、『今すぐインストール』をクリックします。

インストールが完了したら、『有効化』を忘れずに…。

管理画面でタグをコピーしておく

『設定』から『PS Auto Sitemap』の管理画面を開き、プラグインを確認してみます。

基本的には赤枠内に、新規作成したサイトマップページのIDを入力するだけです。

固定ページ(新規作成)に移動する前に、管理画面の最下部にあるタグを、クリップボードにあらかじめコピーしておきます。

※ココをコピーしてもOK(共通)。↓↓

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

サイトマップ(固定ページ)を新規作成する

『固定ページ』でサイトマップを新規に作成します。

(※下の画像ではクラシックエディターを使用しています。)

ページタイトルとパーマリンクを入力し、先ほどコピーしておいたタグを貼り付けます。(※タイトルとパーマリンクの文字列は任意)

【注意】『テキストエディター』に切り替えてからコードを貼り付けます。
『公開』をクリックして、固定ページの作成は完了です。

作成した固定ページのIDがこのあと必要になるので、確認をします。

固定ページ一覧に戻ると、IDが表示されているはずなので、メモをとっておきます。

こちらのサイトの例では『119』がIDです。

IDが表示されていないときは?

IDが表示されていない場合は、画面上の『表示オプション』から『ID』にチェックマークを入れると、表示されるようになります。

その他の確認方法は?

固定ページ一覧で、ページ名の上にカーソルを重ねれば、最下部に下のような帯状のURLが表示されるので、そこで確認することもできます。

管理画面に戻って設定をする

PS Auto Sitemapの管理画面の戻り、赤枠内にIDを入力したあと『変更を保存』をクリックすれば初期設定は完了です。

サイトマップのデザインや形式は好みの問題になりますが、いちおう下は推奨の設定です。

(※矢印の部分は任意。)

完成したサイトマップの表示状態を確認する

最後に作成したサイトマップページを確認。

パーマリンクのURL部分(青色の文字)をクリックすると、ウェブ上での表示状態を確認することができます。

タイトルとURLをコピーしました