苦手の数学を克服するにはコツがあります【学習法と指導法について】

学習のヒント

数学は大事な教科ってわかってるけど、
どうやって勉強していいかわからない…。

そういう悩みを抱えている中学生も、多いのではないでしょうか?

学習法はもちろんですが、「やる気(≒モチベーション)」も、きっかけを掴むための大切な要素です。

この記事では、数学の学習についての考え方指導する上でのスタンスの視点から、お話ししていこうと思います。

過去の復習に時間を取られすぎると現在の学習が疎かになります

数学が苦手になった、そもそものきっかけを考えてください。

「学校の授業が分からなくなった」という時期が、どこかにあったはずです。

苦手になっている部分(単元)を振り返ることはもちろん大事です。

ただ、そのために学校で現在学習している内容を置き去りにしても、悪循環からは決して抜け出すことはできませんよね。

ここで教科書の単元をまとめてみました。

下をご覧ください。

教科書の単元の並び(「啓林館」出版の例)です。

他の教科書出版会社のものも、これと似たような感じです。

これを見ると各学年の単元がリンクしているのをお分かりいただけますよね?

苦手になってしまった子どもが、どの学年からでも復活できるよう、実に合理的な配慮がなされています。

比例・反比例」の例で考えてみましょう。

中学1年生の「比例・反比例」は、中学2年生の「一次関数」の学習過程で復習できるようになってます。

つまり、わざわざ1年生の段階に戻って学習する必要はないのです。

中1で学習する「比例」が苦手な場合、「一次関数」を学習しているときは完全に無視してしまっても大丈夫です。
「比例」は「一次関数」を学習するための準備にしかすぎません。
「比例」は座標と座標(点と点)をつないで直線を描くのが基本。
「一次関数」では直線を動き(変化)としてとらえます。

考え方としては「一次関数」の方がずっと合理的です。
また、中3の「二次関数」を学習する段階での汎用性も高いです。
ですから中1の「比例」が苦手だからといって、中2の段階で改めて勉強し直すなど、まったく必要ありません。

ここで、数学が苦手な子にひとこと言いたい!

  • 忘れているのは「公式」や「定理」なんかではなく、「前向きに努力する気持ち」なんじゃないですか?
  • 「分からない。」はホントに真剣にやった結果からの言葉ですか?

数学は教えすぎたらダメです【指導する上での注意点】

ハッキリ言ってしまえば、「教えたがり」は数学の指導者には向いていません

数学は「過程」が重要な教科です。

一つの問題に対し、いろいろな方向から解法を模索しているときこそが、その子の「数学の力」がぐんぐん成長している瞬間です。

仮にそのとき正答できなかったとしても、似たような問題に何度も向き合っていれば、ゴールは次第に近くなってくるはずです。

そして、いつかきっと一人の力で、その問題のゴールまでたどり着けるようになるでしょう。

そのときには「自信」というおまけまでついてきます!

いずれにせよ問題で悩んでいる子を、即座にスッキリさせてあげるのは、適切な数学の指導とはいえません。

数学にとって重要な「論理思考」も、教えて身につくものではありません。

数学の指導例

「数学に対しまったくやる気を示さない」子には、まず準備段階でやらせる問題をよく吟味すること。

ハードルが高すぎても低すぎても、子どものモチベーションは上がりませんよね。

その子にとって「粘り強く考えればなんとかなる」レベルの問題を、しっかりと選定することが重要です。

 

「やる気だけはある」という子に対しては、適切なヒントのみ与えてあげること。

どのくらいのヒントを与えるかは、その子の動きをよく見て判断。

止まっていた手が動き始めれば、ヒントはそこまででストップです。

それ以上ヒントを与えることは、その子から「考える機会」を奪うことになってしまいますからね。

数学は「教える」ことより「教えない」ことのほうがずっと難しいんです!

やはり重要なのは幼児教育です

親が数学が得意であれば、子どもも数学が得意になるケースはよく見かけます。

それを遺伝のせいにしまえば、この話も終わってしまいますが。

子ども時代に数学が得意だった親は、数学の学習法を自身の体験から熟知しています。

要はそのような親が優れているのは、「数学の力」などではなく、子どもの「導き方」だということです。

おそらく「教え方」でもありません。

エピソード

塾にこんな子がいました。

数学がすごく得意な子でした。

ウチのお母さんは数学がぜんぜんわからないんですよ。

ちなみに本人は小学生のころから算数が得意だったそうです。

想像してみました。

その母親は自分が算数が苦手であっても、勉強している子どもといつも頭を突き合わせていたのではないか?

子どもが一生懸命勉強をする、そのいちばんの原動力は「親がちゃんと見ててくれること」。

その子の成長がすべてを表しています。

おわりに

数学は苦手意識の根が深く、それを取り去るのがとても難しい教科です。

反面、ちょっとしたきっかけで急激に伸びる可能性のある教科でもあります

そのきっかけは、学校や塾での指導に限ったものではありません。

自身が数学の問題に対して真摯に向き合う姿勢になった時点で、それが苦手克服の第一歩になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました