【Googleアドセンス/mixhost】収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

収益化

Googleアドセンスの審査を通過したのもつかの間、こんな素人泣かせの警告文が届きました。

公式ページで調べてみると、アドセンスコードを他人に悪用させないための、グーグル様からのアドバイスのようです。

もし複数のサイトを運営するならば、サイトごとに設定が必要らしいので、あとあとのためにメモを残すことにします。

契約サーバーは「mixhost」です。

Google AdSenceでの操作

警告文にある「今すぐ修正」から開始します。

「ads」のテキストファイルをダウンロードします。

次に、ダウンロードしたファイルをサーバーにアップロードします。(↓)

サーバーへアップロード

それぞれのサーバーの「ファイル管理」や「ファイルマネージャー」を使って、先ほどダウンロードしたテキストファイルをアップロードします。

以下はサーバーがmixhostの場合です。

管理画面「cPanel」にログインし、最上部の「ファイルマネージャー」を開きます。

public_html」から、ファイルをアップロードしたいサイト名を探します。

目的のサイト名のところを開きます。

ここにファイルをアップロード

ファイルを選択して、アップロード完了です。

ちゃんと追加されているか、戻って確認。

大丈夫でした。

設定状況をネットで確認

念のため、ネット上で認識されるようになっているか、
アドレス欄に「ドメイン名/ads.txt」と入力して確認します。

《例》https://〇〇〇.com/ads.txt
以下のとおりに表示されれば、アップロードがしっかり反映されているということです。
警告文が消えるまでには数日かかるようです。

その後

2日後に確認したら、警告文は無事消えてました。

タイトルとURLをコピーしました