『HP ProBook 4540s』のCPU交換と64bit版へのアップグレード

PC・機器・ソフト
スポンサーリンク

当ブログは収益を目的としたアフィリエイト広告およびアドセンス広告を使用しており、記事内にそれらの広告が含まれる場合があります。

今回 メンテナンスをおこなうパソコンは、HPの『ProBook 4540s』です。

64bit版への移行のみをおこないたいかたは、下の目次から「64bit版へアップグレード」へジャンプしてください。

パソコンの状態

デジカメの写真データの保管庫として、実家の母のために10年くらい前に購入したパソコンです。

これまで年に2、3回電源を入れ、OSのアプデと ドラッグ&ドロップでデータ移動をやっていただけですから、キーボードはまったく擦れがなく、本体にもキズはほとんどありません。

中古としての状態は さしずめSランクの極上品 といったところです

実家から引き取ってきたので なんとかうまく活用したいのですが、このパソコンのスペックは すべての項目において実用性は皆無。(↓)

1つ目Celeron 1000Mはさすがに弱すぎです。

ここは交換が必須ね


2つ目はシステムが32bit版であるということ。幸いにも「x64 ベースプロセッサ」の表記があり64bit版へアップグレードの要件は満たしています。

「x86ベースのプロセッサ」と書かれてあるものは 64bit版への移行は不可です


3つ目にRAMですが、空きスロットがあるので 64bit版への移行が完了すれば すぐにでも増設が可能です。

32bit版の上限は3GBまたは4GBでしたから


今回はやることてんこ盛りだな

スポンサーリンク

CPUをどうするか?

調べてみると「Celeron 1000M」は インテルの第3世代CPUのようです。

手っ取り早く 同世代の”i5”か”i7”でも中古でポチればいいわけですが。

その前にちょっと試してみたいことがあるんです

実はこれ(↑)、自宅に放置してあった液晶割れのパソコン「dynabook Satellite B551」です。

この巨大文鎮のCPUを、ProBookに移植はできないのか?

ちなみに「i3」のシールが貼ってあり、購入時期を考えればCPUの世代は近そうですが、詳細は不明。

外部モニターによる確認を試みましたが
HDMI、VGAともに不調のため接続ができませんでした

もしこれが第3世代の「i3」ならそれがベスト、たとえ第2世代であったとしても 1000Mと比べれば若干の性能アップに期待はできます。

(※インテルの第2世代第3世代はソケットに互換性があります。)

ですからB551を解体し、とりあえずCPUを救出してみる作戦。

CPUガチャってことな

CPUの救出

まず言いたいのは、古い世代のTOSHIBAノートパソコンをあなどっちゃぁいけません。(最新のは知りませんが。)

TOSHIBAの別の筐体(B453)を過去に弄ったことがあるんですが、素人が分解することを想定して設計されてはいません。

ですから「救出」とは言っても、おそらく「解体」に近い作業。

今回はバラしたあとに組み直しはたぶんやりません

作業内容のここからの記載はだいぶ端折はしょってます。(作業の大変さをお伝えしたいだけの内容です。)

バッテリーを取り外して、ネジを外し、HDDとDVDドライブを外す。

(中央部分のメモリはすでに救出済みでした。)

次に上面のキーボードを取り外します。

まずはヒンジを全開にしておく。

キーボードの上部のパネルを、工具を差し込み ツメを外しながら バキバキ持ち上げていく。

キーボード上部の4つのネジを外し、上部中央にあるツメを押し上げてキーボードを持ち上げる。

説明はこのあたりまでで・・。

(※ここからしばらくは画像のみでお楽しみください。)

スポンサーリンク

いちおう分解方法を事前にネットで調べ、確認しながら作業はやってますが。

それにしても、このネジの本数はヤバいって思いませんん?

(>>これでもCPUにたどり着くまでの必要最小限のネジ。全部は外してませんから。。)

ヒートパイプとか見えてくれば、もうあと少しだ。がんばれっ!

ようやく姿を現しましたよ、

ついにラスボス登場!

さあ、答え合わせの時間がやってまいりました。

この型番「SR04R」の正体は一体?!

答え
Core i3 2310M
でした

ウ~ン、ナンかビミョー・・・

予想はしてたけど、まさかホントに第2世代のものを引き当てようとはねぇ。

フラグ回収 乙

まぁ1000Mより少しは性能上がるんで乗せ替えはやりますよ。

3世代を期待してたから ちょっとザンネンなだけ。

クロックはそこまで弱くもないけど、2世代i3は対応RAMがDDR3-1333までなのがちと悲しい。。

せっかく1600が刺さってんのに…

スポンサーリンク

CPUの乗せ替え

では気をとり直して。

あまりテンションは上がりませんが、乗せ替えやっていきます。

レバー2つでバッテリーと蓋が外れてしまうのは ProBookのイイところ。

開けるとすべてのパーツが どこにあるのかも ひと目で分かります。

金属のフタを外すと、そこにはもうヒートシンクの姿が…。(ここまでの作業時間1分/ねじ3本)

ファン&ヒートパイプも秒で取り外し。

そしてあらわる、Celeron 1000M。

さっき救出したi3を横に並べてみると、CPUのサイズ差が一目瞭然です。

i3を装着し、CPUグリスを塗る。

グリスは安定の性能とコスパの「KT8085」

さいごに、64bit化に備えて メモリを1枚足しておく。

型番同じなのでデュアルチャンネルで動作してくれるはずです。

ハイ、しっかり認識しました。

4スレッドあるのは とりあえず落ち着くネ。(←1000Mのときは2スレッドだった。)

メモリは4GB×2=8GBを認識してくれてません、トーゼン、まだ32bit OSのままですからね。

シネベンチとかは 32bit版のが見つからなかったのでやってません

i3の挙動についてはいちおう体感だけ。

交換前と比べると、誰でもフツーにちがいが分かるくらいは動作が軽くなりました、正直 期待以上!

B551からの救出は大変でしたが、まぁやってみてよかったかな。

今後の予定は?

ここから後半は、64bit版への移行作業をやるんで まだ終わりではないんですが。

無事に完了したら、Core i7-3610QMあたり、中古がまだ市場に出回ってるうちに安いの探してみよう。

ちなみに>>i5ならブーストクロックが有効、>>i7ならクアッドコア って感じに性能がアップする。

次に交換する機会があったらi7かな…。

「Q」付きのi7は この世代では別格だしね

その後【追記】

結局、i7ではなく 中古のi5を購入して交換しました。

現状、i7はまだまだ高値で、i5のほうがコスパは良さげでした。

スポンサーリンク

64bit版へアップグレード

データのバックアップ

64bit版のWindowsのクリーンインストールなので、ソフトウェアやファイル・フォルダなどのデータを32bit版から引き継ぐことはできません。

あらかじめバックアップをとっておく必要があります。

今回のパソコンは引き継ぐデータがないので バックアップなしで進めます

あとは ライセンス認証でプロダクトキーの入力を求められる場合があるようなので、いちおう念のために調べておく。(↓)

プロダクトキーの確認方法

スタートメニューの「Windows システムツール」にある「コマンドプロンプト」を右クリックし、「その他」から「管理者として実行」をクリックします。

コマンドプロンプトが表示されたら、以下のコマンドを入力してEnterを押す。

wmic path softwarelicensingservice get OA3xOriginalProductKey

プロダクトキーが表示されるので メモっておきます。

インストールメディアの作成

インストールに使用するUSBフラッシュドライブをパソコンに刺しておきます。(※空き容量が8GB以上のもの。)

まず 以下のサイトを開きます。

>>Windows 10のダウンロード

「ツールを今すぐダウンロード」をクリック。

「MediaCreationTool22H2」をダブルクリックし、「Windows 10 セットアップ」を起動します。

ライセンス条項に「同意する」をクリック。

「別のPCのインストールメディアを作成する(USB フラッシュ ドライブ、DVD、または ISO ファイル)」を選択し、「次へ」をクリック。

「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外し、アーキテクチャを「64 ビット(×64)」にして「次へ」をクリック。

インストールに使用するUSBフラッシュドライブを選択して、「次へ」をクリック。

OSのダウンロードが開始されます。

ダウンロードが終わったら「完了」をクリック。

スポンサーリンク

64bit版OSのインストール

(先ほどWindowsメディアを作成したUSBフラッシュドライブは パソコンにそのまま刺した状態です。)

パソコンの電源をONにしたら すぐにEscキー連打でBIOSを起動します。(連打するキーは筐体のメーカーによって異なります。)

F9「Boot Device Options」を押す。

「USB Hard Drive 1」(作成したUSB)を選択し、Enterを押す。

言語やキーボードなどを適切に選択し、「次へ」をクリック。

セットアップが開始されます。

ライセンス認証のプロダクトキー入力を要求されたら、「プロダクト キーがありません」をクリック。

※以降、プロダクトキーの入力は求められなかったので、念のための準備はどうやら不要だったようです。

もとの32bit版と同じバージョンのWindowsを選択し、「次へ」をクリック。

ライセンス条項を読んで「同意します」にチェックを付けたら、「次へ」をクリック。

「カスタム:Windowsのみをインストールする」をクリックします。

(※32bit版のファイル、設定、アプリを64bit版に引き継ぐことはできません。

OSをインストールする場所を選択し、「次へ」をクリック。

インストールが開始されます。

インストールが完了。ここまで来ればあとは通常のセットアップと同じです。

途中で設定方法を指定するよう求められるが、ここは基本的には「個人用に設定」を選択する。

(※あとからの変更が効かないので、ココだけは注意。

64bit版へ移行できたことを確認。

RAMの8GBも使用可能になりました。(32bitは3.5GBが上限)

以上、「HP ProBook 4540s」のCPUの交換から64bit版への移行までの作業内容でした。(おわり)

タイトルとURLをコピーしました